月刊高校教育 2015年12月増刊号

高校生を主権者に育てる

シティズンシップ教育を核とした主権者教育

広田照幸 監修・著/
北海道高等学校教育経営研究会 編著
A5判 144ページ
定価(本体950円+税)
雑誌03414-12臨 高校教師
「18歳選挙権」への備えは万全ですか? 本書では、高校生を主権者に育てるためのシティズンシップ教育の推進を提案します。

目次

はじめに
第1章 社会を創る『大人』を育てる高校教育
 1 なぜ、シティズンシップ教育か
 2 公共空間にみんなを呼び戻す必要
(1)空になりつつある公共空間
(2)いろんな立場から「市民」の必要性が提起されている
 3 シティズンシップ教育を歪めるもの
(1)立場の違う四つの議論
(2)異なる立場の議論をどう考えるか?
(3)どのシティズンシップ教育の立場をとるのか
 4 シティズンシップ教育をはばむもの
(1)道具主義(instrumentalism)的教育観
(2)評価やアカウンタビリティの要請
(3)教師の力量不足
(4)学校の資源・準備の不足
(5)道具主義をどう乗り越えるか
(6)教師の力量不足/学校の資源・準備の不足をどうするか?
 5 個々のノウハウの蓄積が未来へつながる
第2章 高校でのシティズンシップ教育の現状と課題
 1 シティズンシップ教育と学校経営
(1)シティズンシップ教育を支える授業づくり―授業改善の推進―
(2)シティズンシップ教育推進のための学校経営の視点
 2 シティズンシップ教育と教師
(1)教師自らが市民たれ
(2)批判的思考力の育成
(3)社会参画の促進
(4)シティズンシップ教育と教師
 3 シティズンシップ教育と授業
(1)シティズンシップ教育において育成すべき資質・能力
(2)シティズンシップ教育と授業づくり
 4 シティズンシップ教育と教科
(1)学校文化の見直し
(2)市民が社会を制御する
(3)シティズンシップ教育と公民科
(4)シティズンシップ教育と政治・宗教
 5 シティズンシップ教育の授業実践―模擬投票を例に
(1)地歴・公民科における模擬選挙の実施
(2)各科目での取り扱い
(3)模擬投票を行う意義
 6 シティズンシップ教育と道徳教育
(1)善い人と良い市民
(2)シティズンシップ教育と人権教育
 7 シティズンシップ教育と特別活動
(1)学校にある機能の回復―生徒会活動とシティズンシップ教育
(2)学習指導要領における特別活動の位置づけ
(3)生徒会活動の現状
(4)生徒会活動の持っている可能性
(5)生徒・保護者・教員の3者による懇談会
 8 シティズンシップ教育と地域社会
(1)学校と社会の連携の重要性
(2)地域社会との積極的なかかわり事例
(3)地域社会とつながるシティズンシップ教育
(4)ボランティア活動等の留意点
 9 シティズンシップ教育の推進に向けて
(1)市民社会の形成者を育てる
(2)学校教育全体で多元性を保つ
(3)「学校の中の私」から「社会の中の私」へ
第3章 主権者教育の課題と展望
 1 18歳で大人になる社会が到来した
 2 主権者教育の課題
(1)投票率の低下が止まらない
(2)グローバリゼーションと投票率の低下
(3)政治的中立の呪縛
 3 主権者教育の展望(課題解決の考察)
(1)教育の目的に立ち返る
(2)社会の形成者としての資質を意図する
(3)論争点を明確にする教師の支援
 4 主権者教育のこれから―模擬選挙とアクティブ・ラーニング
第4章 高校生を主権者に育てるためのシティズンシップ教育の実践
 ■実践1 町と一体となったシティズンシップ教育の実践
       《北海道浦河高等学校》
  1 実践の概要
(1)シティズンシップ教育の必要性
(2)アサーティブな視点
  2 実践例
(1)現代社会・家庭基礎における体験活動を通じたシティズンシップ教育の実践
(2)「高校生の視点から地元の活性化について」の実践
 ■実践2 「明日を創る」教育活動とシティズンシップ教育
       《北海道登別明日中等教育学校》
  1 「全ての生徒が共通に身に付けるべき資質・能力(コア)」と
    「シティズンシップ教育」の関連
(1)高校教育の「コア」の捉え方
(2)「シティズンシップ教育」との関連
  2 中等教育学校における「シティズンシップ教育」
  3 実践事例1・ユネスコスクールとして取り組む「シティズンシップ教育」
(1)国際理解教育と「シティズンシップ教育」
(2)教科等の連携による「シティズンシップ教育」
  4 実践事例2・生徒指導や生徒会活動における「シティズンシップ教育」
(1)生徒の実態
(2)生徒指導の二つの考え方
(3)「シティズンシップ」を意識させる生徒指導
(4)自律心と自治的能力を体験的に育む生徒指導
 ■実践3 日常の教育活動に息づくシティズンシップ教育
       《北海道札幌開成高等学校》
  1 「知識注入型」ではない「知識習得型学習」
(1)コラボ授業
(2)コズモフロンティアセミナー
(3)その他
(4)「シミュレーション型学習」
  2 本物志向の「体験型学習」
(1)海外見学旅行に向けた市内語学研修
(2)コズモキッズセミナー
(3)その他
  3 「プログラム型」から「プロジェクト型学習」へ
(1)ブックガイドプレゼンテーション
(2)「課題研究」とポスターセッション
  4 「実践・参加」のプログラムとして
  5 『開成高新聞』にみる「自ら学ぶ生徒」
  6 「自ら学ぶ教師」を目指して
あとがき
執筆者一覧

→ [学事出版トップページへ]