月刊生徒指導 2014年10月号

月刊 B5判
定価(本体800円+税)
雑誌05711-10

目次

特集:道徳と規範意識
道徳の教科化と生徒指導の関わり【小・中・高】/土田雄一(千葉大学教育学部附属教員養成開発センター特任教授)
…「道徳の教科化」のきっかけは「いじめ問題への対応」から。対応の第1として道徳教育の充実が挙げられている。生徒指導も道徳も一人ひとりの人格を尊重し、自己指導能力や自律する児童生徒の育成を目指している。
「道徳パニック」を起こさないために【小・中・高】/田中利幸(栃木県足利市立中学校教諭)
…いざ「道徳授業」を行うとなると「道徳パニック」に陥り、悩んでいる先生も多いようです。でも、これは気にしすぎです。あまり難しく考えないことが大切で、とにかく道徳授業を行うことが大切なのです。
お天道様が見ているよ〜正しくブレーキをかけられるか?「気持ち」を育てる考え方とツール〜【小・中・高】/山本純人(埼玉県立高等学校教諭)
…“ルール”は、もちろん大事。しかし、よく見えないところで問題が起こることが増えている今日では、ルール以外にも行動を正しくさせる「何か」が必要になってきています。その「何か」について、ちょっと一緒に考えてみませんか?いつもとは違った視点で考えることは、きっと学級づくりの「再点検」につながるはずです。
発達障害のある子にルールを教えるには【特別支援】/廣木道心(LL医療福祉専門学院講師)
…発達障害のある子が社会で生活していくために教えなければいけない「規範」や「ルール」について、どのように伝えたらいいのでしょうか?関わりの中で模索し、取り組んできた対応例を一つのヒントとして役立てていただけたらと思います。
座談会 ●従わせるのではなく、子どもが自分で考えるように
心にせまる生徒指導
第11回学事出版教育文化賞
授業作文で子どもたちの思考過程が見えた!
/岡田淳史(埼玉県日高市立小学校教諭)


連載

→ [学事出版トップページへ]