「総合学科」を創る
生き生きと伸び伸びと学ぶ喜びを

筑波大学附属坂戸高等学校 編
A5判 216ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-0766-2 高校教師

筑波大学附属坂戸高校での、「総合学科」の6年間の授業実践を紹介。「総合学科」の作り方から、「総合的な学習の時間」への対応などをまとめた、学校改革の奮闘記。




はじめに
第1章 総合学科改編前の学校の概要と改革への道
  1. 地元の創った農業高校から国立附属高校へ
  2. 試練を乗り越えて職業教育の専門学科として発展
  3. 時代の変化と専門学科の低迷
  4. 研究開発学校の指定と学校改革への息吹
  5. 学校改革への胎動
  6. 科学技術科構想による広報活動の開始
  7. 科学技術科から総合学科への大転換
  8. 総合学科開設へ向けて
第2章 総合学科の創設
  1. 教育課程の編成
  2. 時間割の作成
  3. 選択制・単位制の教務内規・学習規程の制定
  4. 学務情報管理システムの構築
  5. 生徒募集と入試改善
  6. 総合学科の年次会指導
  7. 原則履修科目「産業社会と人間」の科目開発
  8. 原則履修科目「情報基礎」の科目開発
  9. 原則履修科目「課題研究」の科目開発
  10. 総合学科の生徒指導
  11. 総合学科の進路指導
第3章 総合学科の更なる発展を目指して
  1. 総合学科の現状と課題
  2. 新教育課程編成の方向
  3. 文部科学省指定「研究開発学校」の取り組み
あとがき