21世紀 学校事務事典3
情報の管理と教育振興事務

清原正義 編著
A5判 192ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-0895-9 学校事務

いま学校では、住民等の「情報開示請求」を受けて立てる事務職員が求められている。「情報開示」「教育振興」の法制度・取り組み方を詳述しています。


■第3巻 情報の管理と教育振興事務 目次■

第10章 情報管理と説明責任
はじめに
第1節 情報化社会における学校事務
(1)情報化社会とは
(2)情報化社会と学校教育
(3)情報管理と学校事務職員の役割
第2節 情報管理システムの構築
(1)変貌しつつある情報管理事務
(2)学校における文書取扱規程と意思決定規程
(3)文書取扱主任
(4)意思決定手続としての文書事務
(5)ファイリングシステムの構築
(6)文書分類管理表による文書管理の構築
(7)文書の保管と保存
(8)電子情報の管理運用
第3節 情報公開制度
(1)情報公開制度の沿革
(2)情報公開制度の概要と主な論点
(3)教育情報の公開
(4)学校事務情報の公開
(5)文書管理法制化の動き
(6)情報公開と公務員のプライバシ一・守秘義務
第4節 個人情報の保護
(1)個人情報保護制度の沿革
(2)個人情報保護制度はどう運用されるか
(3)教育関係個人情報の開示をめぐる問題点
(4)学校が保有する個人情報の管理
第5節 学校における説明責任
(1)説明責任とは
(2)教育改革と説明責任
(3)海外における教育アカウンタビリティ政策
(4)自己評価と外部評価
(5)説明責任・外部評価と学校事務
(6)学校事務分野における説明責任の実践
(7)説明責任と学校選択の自由化
(8)まとめ
第11章 学校給食事務
第1節 学校給食事務の内容と課題
(1)運営管理事務
(2)給食会計事務
(3)衛生管理・施設設備管理事務
第12章 就学援助
(1)就学援助費の給与対象者
(2)就学援助費目
(3)就学援助事務の実際
(4)就学援助費の様式参考例
第13章 保健事務
(1)養護教諭の役割と保健事務の関わり方
(2)養護教諭の目標とは
(3)重度障害児の普通学級入学と養護教諭
(4)保健事務との関わり方