豊かな中高一貫教育を創る
地域と共に歩む上中・上高の実践

上川町中高一貫教育推進委員会・北海道高等学校教育経営研究会 編著
A5判 164ページ 定価(本体1,600円+税)
978-4-7619-1057-0 中・高管理職・教諭

中高一貫教育をどう実現するか。中学校と高校の連携・協力で新しい学校を立ち上げる際に必要な情報・ノウハウが、Q&A方式でよくわかる。


まえがき
第1部 校長の勇気と知恵
北海道のパイオニアとして
中学校と高校、そして地域が協働すること
第2部 豊かな中高一貫教育を創る45のQ&A
Q1▼実践協力校の指定を受けて、まず何をしたのですか(平成十〜十一年度)
Q2▼実践協力校のときの成果と課題は何だったのでしょうか
Q3▼推進校の指定を受け、何に着手したのですか(平成十二年度)
Q4▼推進校のときにどのような実践を行ったのですか(平成十三年度)
Q5▼推進校のときに地域や保護者にはどのような説明を行いましたか
Q6▼推進校のときの成果と課題は何だったのでしょうか
Q7▼道内外の視察研修からどのようなことを学びましたか
Q8▼導入決定の段階で連携内容が変わったのでしょうか
Q9▼制度を導入して発展させた活動にはどのようなものがあるのでしょうか
Q10▼保護者や地域に対しての説明や啓発活動はどのように行ったのでしょうか
Q11▼導入後、生徒・保護者や地域住民には変化があったでしょうか
Q12▼国・道および町としての具体的な支援にはどのようなものがありますか
Q13▼基本理念や連携の柱はどのようにして決めたのでしょうか
Q14▼高校に来ている中高一貫教育講師とは何ですか
Q15▼構造図・Kプロジェクトはどのようなねらいで作ったのでしょうか
Q16▼数学科での協同授業はどのように行っているのでしょうか
Q17▼英語科での協同授業はどのように行っているのでしょうか
Q18▼情報教育ではどのような連携を行っているのでしょうか
Q19▼各種検定試験ではどのような連携を行っているのでしょうか
Q20▼中高合同総合学習ではどのようなことを行っているのでしょうか
Q21▼「総合的な学習の時間」の関連はどのようになっているのでしょうか
Q22▼中学校の「FS」とはどのような目的・内容で行われているのでしょうか
Q23▼中学校における地域と連携した活動にはどのようなものがありますか
Q24▼中学校の進路啓発学習ではどのような活動を行っているのでしょうか
Q25▼高校の地域・環境学習ではどのような取組を行っているのでしょうか
Q26▼高校でのアウトドアガイド資格認定校の教育内容と中学校との連携はどのようになっているのでしょうか
Q27▼高校で行っているGLOBE推進事業とは何でしょうか
Q28▼生徒会や課外活動での連携はあるのでしょうか
Q29▼ボランティア活動ではどのような連携を行っているでしょうか
Q30▼生徒理解における連携はどのように行われているのでしょうか
Q31▼連携校以外の生徒への対応と課題解決の方策にはどのような実践があるのでしょうか
Q32▼先生方の交流や打ち合わせはどのように行われているのでしょうか
Q33▼小学校との連携はあるのでしょうか
Q34▼中学校と大学との連携はあるのでしょうか
Q35▼高校と大学との連携はあるのでしょうか
Q36▼連携型入試の内容と「学習のまとめ」の結び付きは何でしょうか
Q37▼簡便な入試によって生徒の学習意欲は変わったでしょうか
Q38▼学習意欲を持続させるためにどのようなことを行っているのでしょうか
Q39▼連携型中高一貫教育を導入する前と比べて卒業後の進路先に変化はあったのでしょうか
Q40▼連携型をより充実させるためには何が必要でしょうか
Q41▼制度導入にかかわる教職員の特別な配置は必要でしょうか
Q42▼活動を継続させるためにどのような工夫をしているのでしょうか
Q43▼保護者や地域からの外部評価はどのように取り入れているのでしょうか
Q44▼地域の学校として発展させるための方策にはどのようなものがありますか
Q45▼連携型中高一貫教育を実現する学校事務の役割はどのようなものでしょうか
第3部 学校支援ネットワーク
学校創造エンジンと学校支援ネットワーク
「中高一貫教育フォーラム in かみかわ パネルディスカッション」
第4部 Kプロジェクトとその道程
「連携型中高一貫教育推進計画」
これまでの実践研究・教育活動の記録
あとがきにかえて
教育実践関連資料一覧
編著者一覧
 

→ [学事出版トップページへ]