教育法規からみた現代校長学
学校経営に必要な最新法律知識

菱村幸彦 著
A5判 176ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-1106-5 中・高校管理職

卒業式・入学式での国旗掲揚・国家斉唱、指導力不足教員の扱い、児童虐待、定数問題など、教育法規にかかわる重大な問題がたくさんある。これらについて、校長としてどうとらえどう対応するかを平易に解説した。



第1章 学校運営
第1節 校長の能力 マネジメント能力だけでは足りない
第2節 学校評価 公教育の責任を問うシステム
第3節 職員会議 不毛な法律論争に決着
第4節 学校評議員 学校運営に外の声を生かす
第5節 地域運営学校 コミュニティが運営する学校
第6節 二学期制 メリットとデメリットはコインの裏表
第7節 国歌斉唱 誰が tabula rasa に刷り込んだか
第8節 国旗国歌裁判 戦後教育の異常さの象徴
第2章 教職員
第1節 教員評価 他人の目が授業を磨く
第2節 指導力不足教員 教壇に立たせたくない教員の処遇
第3節 十年経験者研修 一人ひとりのニーズに応じた個別研修
第4節 教員公募制 校長や教員の意向を生かすFA制
第5節 栄養教諭 「食育」の時代が生んだ職
第6節 教員免許 柔軟になった相当免許主義
第7節 外部講師 社会人を教壇に招く
第8節 少人数指導 欧米並みになった「teacher pupil ratio」
第9節 義務教育費国庫負担制度 義務教育の根幹は崩せない
第3章 教育指導
第1節 学習指導要領 ゆとり路線はどう変わるか
第2節 標準時数 授業時数でも「標準」を生かす
第3節 学力調査 学力テストに反対した時代もあった
第4節 奉仕活動 他者への奉仕が教えるもの
第5節 学校行事 練り上げられた伝統儀式
第6節 総則体育 知と徳を支えるたくましい体
第7節 教育評価 「絶対評価」か「相対評価」か
第8節 特別支援教育 一人ひとりのニーズに応じた特別な支援
第4章 生徒指導
第1節 出席停止 もっと活用を図るべきだ
第2節 不登校 公教育から私教育への回帰か
第3節 児重虐待 教師が家庭に立ち入るのは難しい
第4節 個人情報保護 個人情報にもっとセンシティブに
第5章 危機管理
第1節 危機管理 悲観的に準備し楽観的に対処する
第2節 法的責任 学校の安全確保は"条理上"の義務
第3節 開かれた学校 校門は閉じても経営を開こう
第4節 マスコミ 誠実な対応が最上の策
著者プロフィール
 

→ [学事出版トップページへ]