日本の教育改革をどう構想するか―民間教育臨調の提言 2
学校教育の再生

西澤潤一 監修 村田 昇 編著
192ページ 定価(本体2,200円+税)
978-4-7619-1124-9

『日本の教育改革』有識者懇談会」の抜本的な教育改革案。その学校教育編。「ゆとり教育」や不登校・問題行動、指導力不足教員などについて論じ合いながら、現在の学校教育の優れた点と課題を明らかにした上で、これからの学校教育のあり方を提案。



はじめに
第一章 座談会 学校教育の現状
夢を持てない子供たち
内心の孤独の背景に家庭環境の未成熟がある
教員の信念の揺らぎが子供の成育に悪影響を与えている
行き過ぎた「支援」が招いた学力低下
第二章 学校教育の問題点と背景
一 学校における自由と規律
二 不登校・問題行動への対応
三 ゆとり教育と学力低下
四 不適格・指導力不足教員の問題
第三章 学校教育の意義と役割
学校教育、なかんずく義務教育の教育力を回復させる拠り所
学校教育 その基本的な役割
義務教育 その基本的役割
義務教育 国家・社会に有為な人材を育てる役割
初等教育 教員の示範の役割
初等教育 担任の役割
第四章 教育課程のあり方
一 基礎・基本の徹底
二 公民教育と郷土理解
三 環境教育の重視
四 道徳教育と宗教的情操の涵養の強化
第五章 座談会 教育基本法改正と今後の学校教育
教育基本法に欠けているもの
愛国心は歴史への愛情を育むことから
教育界に「責任」の確立を
執筆者分担一覧
 

→ [学事出版トップページへ]