高校改革がわかる本
その歴史とこれからの展望

月刊高校教育編集部 編
A5判 180ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1164-5 高校校長

高校改革の動きが加速化している。だからこそ、国や地方自治体から出される政策の根本的なねらいを考え、現在の高校改革の論点を考える必要がある。そんな狙いのもとに、高校改革についての展望や課題を探る。



I.論考編 高校改革を四つの視点から視る
  1. 高校制度戦後60年の鳥瞰/桑原敏明(昭和女子大学教授)
  2. 高校改革の系譜−中教審・臨教審答申を中心に/山岸駿介(私学教育研究所所長)
  3. 規制緩和と地方分権の時代における高校改革の現状と課題/斎藤剛史(教育ジャーナリスト)
  4. 教育課程からみた高校改革/山口 満(びわこ成蹊スポーツ大学教授)
II.座談会 高校改革の展望と課題
出席者
小松郁夫(国立教育政策研究所)
甲田充彦(全高長会長)
佐治恒孝(東京都公立校長会長)
コーディネーター
亀井浩明(帝京大学名誉教授)
III.資料編
年表・高校制度戦後60年の鳥瞰
四一答申
四六答申
都道府県教育長協議会報告
臨教蕃答申
最近の答申
高校改革の推進状況
各県の高校改革プラン一覧
 

→ [学事出版トップページへ]