高校改革と「多様性」の実現


山田朋子 著
A5判 160ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-1172-0 高校管理職、高校教師

戦後、様々な形で「多様化」を推進させてきた高校教育の現在の状況を、新しいタイプの「多様性」をキーワードにしながら鋭く分析。



第1章 高校教育像の変容に関する先行研究
  1. 「教育の機会均等」理念と新制高校
  2. 高度経済成長期の高校「多様化」政策
  3. 「量的拡大」から「質的拡充」へ
  4. 現在の高校改革とその方向性の評価

第2章 新制高等学校における「総合制」像と多様性
  1. はじめに
  2. 戦後教育改革における新制高校「総合制」像と多様性
  3. 学校現場における新制高校「総合制」の実態
  4. まとめにかえて

第3章 多様な「総合」をめぐる高校制度の類似性と拡散性
  1. はじめに
  2. 中央教育政策レベルにおける諸制度の構想
  3. 全国における「総合」的な高校の設置状況
  4. 事例校における制度と科目選択の関係
  5. まとめにかえて

第4章 総合学科の設置「系列」に関する考察 −学力偏差値と学校規模−
  1. はじめに
  2. 高校教育改革と「多様性」
  3. 多様性を期待される設置「系列」と学力偏差値および学年規模の関係
  4. 総合学科改編前後の学科および系列の関係
  5. まとめにかえて

第5章 高校教育における学科の専門性と総合学科の役割
  1. はじめに
  2. 総合学科の「系列」と科目の専門性
  3. 総合学科・専門学科・普通科における専門科目の設置状況
  4. 総合学科における「系列」の設置状況の比較 −改編以前の学科との関係から−
  5. まとめにかえて

第6章 「専門特化」型高校における学科等の設置
  1. はじめに
  2. 全国における福祉系学科等の設置状況
  3. 開設科目等にみる設置形態別の特徴
  4. まとめにかえて

第7章 多様性を実現する普通科高校 −職業系専門コース・類型等の設置−
  1. はじめに
  2. 新制高校の教育課程−普通科職業準備課程−
  3. 公立普通科高校における職業系専門コース制・類型等の設置状況
  4. 事例校における専門教育科目の履修単位と専門性
  5. まとめにかえて

第8章 「教育課題」高校の可能性 −東京都エンカレッジスクールの実践と課題−
  1. はじめに
  2. 全国の学力下位高校の分布状況 −学力偏差値を基準として程−
  3. エンカレッジスクールの実態と課題
  4. エンカレッジスクールの意義と役割

第9章 高等学校の社会的評価と教育「成果」
 −学力偏差値とクラブ活動における実績の関係−
  1. はじめに
  2. 全国の高校設置数の推移
  3. 創立状況および設置主体と甲子園大会出場状況の関係
  4. 都道府県別および創立状況と公立高校の甲子園大会出場状況の関係
  5. 学力偏差値と公立高校の甲子園大会出場状況の関係
  6. まとめにかえて
あとがき
 

→ [学事出版トップページへ]