キャリア教育が高校を変える
その効果的な導入に向けて

山ア保寿 編
A5判 168ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-1198-0
高校教師・大学・研究者

今、若者と労働についての問題がクローズアップされ、キャリア教育の重要性が呼びかけられている。本書は高校での先進的な事例を集め、キャリア教育の効果的な進め方を提案。



第1部 理論編

第1章 キャリア教育の背景と必要性
    高校入学段階からの体系的なキャリア教育が必要
/山ア保寿
  1. フリーター・ニートの問題
  2. 社会状況の変化と青少年意識の変容
  3. 体系的なキャリア教育の必要性
  4. 進路指導観の転換とキャリア形成指導の必要性
  5. フリーター・ニート問題への早期対応が必要
  6. キャリア教育の重点的方向
第2章 新しい進路指導としてのキャリア教育
    キャリア発達の考え方を基本にすることが重要
/山ア保寿
  1. キャリア教育のねらい
  2. キャリア教育の理念
  3. 発達的観点に立ったキャリア教育の本格的導入が必要
  4. 総合的・包括的なキャリア教育の推進
第3章 キャリア教育の積極的推進と今後の展望
    キャリア教育実践上の留意点
/山ア保寿
  1. 体験的活動とリフレクションを組み合わせる
  2. キャリア教育における指導上の要点と具体例
  3. カリキュラム評価の観点と留意点
  4. キャリア教育の教員研修に関する課題
  5. まとめと今後の方向

第2部 実践編

第1章 進学校におけるキャリア教育としての「総合的な学習の時間」の実践報告 生徒主導のカリキュラム作成と総合的な学習の時間の「学び」としての広がり/矢田昌久
  1. はじめに
  2. 本校における「総合的な学習の時間」の“目的”および“ねらい”
  3. カリキュラム概要
  4. 校内におけるコンセンサス
  5. 各年次における実践報告(ゼミ形式編)
  6. 各年次における実践報告(演習形式編)
  7. 進路指導とのつながり
  8. 教科教育とのつながり
  9. 総括
第2章 福祉活動の実践による職業観の達成/梶原 実
  1. ねらい・背景
  2. 実践内容
  3. 今後の課題
第3章 総合的な学習の時間でキャリア教育を
    中高連携を柱に、中学でつけた力を高校で継承する
/村上恭子
  1. 「総合的な学習の時間」導入の背景
  2. 本校のキャリア教育の特徴
  3. 実践内容構築のプロセス
  4. 成果と課題
  5. キャリア教育推進のための要点
第4章 自己理解を中心としたキャリア教育/上田敏和
  1. 指導のねらい
  2. 実践の内容
  3. 使用教材
  4. 指導の結果
  5. 今後の課題
第5章 生徒のキャリア形成を目指した研究開発
    新科目「起業基礎」
/小澤信治
  1. キャリア教育をめぐる動き
  2. 本校の取り組み
  3. 研究開発新科目「起業基礎」
  4. 科目の概要
  5. キャリア教育への位置づけ
  6. 実施による効果
  7. 今後の課題
第6章 職業研究と国際理解におけるキャリア教育指導/冨岡豊英
  1. 中高6ヵ年一貫の総合的進路指導プログラム「進路サポートプログラム」の創造
  2. 職業研究をSSPプログラムの枠組みの中で実施
  3. 高1のSSP学習実践例
  4. まとめ(平成17年度高1の場合)
第7章 保護者・同窓会・地域起業との連携によるキャリア教育/千葉慎作
  1. 経緯
  2. 本校におけるキャリア教育の目標
  3. 学習活動
  4. 進路懇談会
  5. 進路別進路懇談会
  6. 世界的な企業(日本GE社)との連携
  7. 成果と課題
第8章 部活動・学校行事を通しての体験的なキャリア教育の実践/大久保貴司
  1. はじめに
  2. キャリア教育への取り組み
  3. 見学旅行
  4. 高校生によるビジネスアイディアコンテスト
  5. 福島ローカルサービス
  6. 第1期の反省
  7. 新商品の開発について
  8. ビジネス活動を通じて得るもの
  9. 進路選択における変化
  10. 今後の課題
  11. おわりに
第9章 学校全体の学力向上とキャリア教育/成田知由
  1. 実践のアウトライン
  2. 主な実践内容
第10章 キャリア教育としての「起業家講座」/片岡 徹
  1. 授業実践のねらい
  2. 地球市民科とは?
  3. 起業家講座のねらい
  4. 前半の取り組み(4月〜7月)[知識形成]
  5. 後期の取り組み(8月〜3月)[会社経営編:知識から実践へ]
  6. 今後の課題
  7. まとめ〜再度、榎本晃の吉葉を手がかりに〜
第11章 キャリア教育における進路相談の役割/飯野哲朗
  1. かかわりの中で探す進路
  2. 現実の中で探す進路
  3. 希望と能力の間で探す進路
  4. 生き方としての進路
  5. 時間制限の中で探す進路
  6. 教師の考え方と進路選択
  7. 進路相談の姿
執筆者一覧

 

→ [学事出版トップページへ]