ADHDの子どもへのサポート&指導事例集


菊地雅彦 監修 井口祥子・山田智子 編著
B5判 128ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-1307-6 小・中学校教師


通常学級にADHDの子が入った場合、担任がどう対処し指導すべきか、具体的かつ豊富な実践事例をもとに解説しています。


はじめに
第1章 特別支援教育とは
  1. 特別支援教育で小・中学校はどう変わるのか
  2. 対象となる児童生徒
  3. 教師に求められる力量(専門性)
  4. 特別支援学校とのかかわり(含む副籍)
第2章 通常学級でかかわる軽度発達障害
  1. ADHD(注意欠陥多動性障害)の状態像の理解
  2. ADHDの指導・支援の方法
第3章 ADHD【注意欠陥多動性障害】事例集
  • 一人ひとりを大切にする特別支援教育指導
  • A君との6年間をふりかえって
  • ADHD傾向で不登校になった中学生男子
  • ADHDの診断を受けた中学生(3年男子)
  • ADHD傾向のY君(中2男子)
  • ADHD のある中学校男子生徒
  • 男子生徒A(中学校2年)
  • 個別の支援から適切な進路へつながった事例
  • 心理的支援により自信を回復し学習面での伸びを示した児童の事例
  • 小学校へつなげるために(幼児期の対応と連携する)
  • 親の役割と対応
  • グレーゾーンのSくんとのかかわり
  • 多動児S君(5歳児)
第4章 校内支援態勢をつくる
  1. 校内委員会の機能
  2. 特別支援教育コーディネーターの役割
  3. ニーズに合わせた個別指導計画の作成
    神田小学校の特別支援教育
第5章 「連携」一“つながる”ことの大切さ
  1. 親とつながる
  2. 相談機関とつながる
  3. 医療機関とつながる
[資料]
「特別支援教育」推進までの経緯
「特別支援教育の理念と基本的な考え方」(特別支援教育に関する中央教育審議会答申
「特別支援教育を推進するための制度の在り方について」第2章抜粋)
発達障害の法令上の定義(発達障害者支援法〔抄〕)
学校教育法等の一部を改正する法律の概要
「特別支援教育」関連参考リンク集
 

→ [学事出版トップページへ]