学事ブックレット理科セレクト4
矛盾をうまく取り入れて学力を伸ばす学習指導案


露木和男 著
A5変形判 64ページ 定価(本体900円+税)
978-4-7619-1313-7 小学校教師

「矛盾」をうまく組み込むことにより、迫力に満ちた授業が生まれ、学力を伸ばす。「矛盾」を核にした指導案をどのように作ればよいか、具体的な実践事例によって明らかにする。



1. 「矛盾」とは何か
2. 「心臓の授業」における「矛盾」
  1. 「矛盾」はどこにあるか
  2. 「心臓の授業」 のあらまし
3. 「心臓の授業」の記録
  1. 自分の心臓模型の発表
  2. 空気ポンプの弁の秘密を探れ!
  3. 心臓はどのように逆流を防いでいるのか
  4. 心臓を感じる
  5. 異質な考えに光が当てられるとき
  6. 仲間との語らい
4. 指導案に「矛盾」をどう組み込むか
  1. 4 年生「空気とかさ」の指導案
  2. 「矛盾」の顕現
  3. 指導案に含まれる原則
  4. 指導案をつくる意義
5. 弁証法としての理科の授業
  1. 授業が揺り動くとき
  2. 子どものわかり方の様相
  3. 「矛盾」の洞察
6. 指導案に組み込まれた[矛盾」
  1. 3 年生「空気で遊ぼう」の授業
  2. 6 年生「石灰岩」の授業
  3. 6 年生「塩酸の謎」の授業
 

→ [学事出版トップページへ]