授業成立の基礎技術3
教室のふんい気を変えるミニネタ活用の授業づくり


上條晴夫 監修 土作彰 編著
B5判 150ページ 定価(本体2,200円+税)
978-4-7619-1325-0 小・中学校教師


もはや40分間、子どもを集中させることは至難の技だ。ミニネタを活用して集中力を持続させ、やる気を引き出そう。ミニネタをたくさんストックし、いつでも使える技術を磨こう。



監修のことば

はじめに

第1章 ミニネタの基礎技術を活用する5つのポイント
  1. なぜ今ミ二ネタが必要なのか
  2. ミ二ネタの基礎技術を活用する5つのポイント
    その1・単発型ミニネ夕
    その2・時期限定型ミ二ネタ
    その3・継続型ミ二ネ夕
    その4・変幻自在型ミ二ネタ
    その5・構成法ミニネタ

第2章 ミニネタの基礎技術を活用した実践事例集
  1. 「約東事は3で統一」「連絡事項は暗号で」
  2. 暗記が苦手な子どももこれで大丈夫!
  3. 楽しいミニネタで子どもたちをひきつけよう!
  4. 資料活用でマンネリ社会科を楽しく
  5. イメージしにくい環境の授業はこれでバッチリ!
  6. インパクトあるかぶり物とトリビアで集中力アップ
  7. 授業開始時のドタバタは5問クイズで解決
  8. 1年生が野菜を食べたくなる授業
  9. スッキリ作文とバラバラ作文
  10. おもしろ実験で参観授業もバッチリ!
  11. カードミニネタで学習の活性化
  12. マンネリ空気を打破する教室環境&プレゼント
  13. 国語辞典は音読しよう
  14. 飽きっぽい子どもたちには、おもしろ準備体操
  15. 気持ちよいあいさつで良好な人問関係をつくろう
  16. 「歴史人物シークレット」で子どもを歴史好きに変える!
  17. “聞いてもらえる”よろこびを分かち合うスピーチ「ほめほめカード」
  18. ぎこちない男女関係をさわやかにする「さようならの作法」
  19. 難教材「割合」を克服する算数ミニネタ
  20. 構成法ミニネタで授業づくりの力量アップ

第3章 ミニネタ基礎技術の先行文献
  1. ミニネタの教育界「デビュー」
  2. 主なミニネタの先行文献

 

→ [学事出版トップページへ]