総合学科の挑戦
神戸甲北高校キャリア教育の10年

兵庫県立神戸甲北高等学校 編
A5判 216ページ 定価(本体2,200円+税)
978-4-7619-1372-4 高校管理職 大学 研究者

1994年から発足した総合学科高校が、開設から10年以上が経過した今、その結果が問われている。97年に改編された本校では、どのような生徒を育てたのか。その実践をまとめた。


発刊に寄せて
はじめに
教育改革と総合学科―総合学科を取り囲む情勢―
第T部 神戸甲北高校の卒業生たち―卒業生の手記―
第U部 神戸甲北高校の取り組みについて
1章 充実した高校生活の「いまとここ」を生きるためのカリキュラム(卒業研究)の追求によせて 長尾彰夫(大阪教育大学副学長)
2章 「教育」のある学校とは 田淵五十生(奈良教育大学教授)
3章 キャリア教育の視点から 古川雅文(兵庫教育大学教授)
4章 豊かなインフォーマル・エデュケーションをESDに―地球的ニーズへのあらたなる挑戦― 松岡広路(神戸大学大学院准教授)
第V部 特別寄稿
1章 21世紀の豊かな共生社会の担い手づくり〜自己決定能力と協調する心の学び〜 草郷孝好(大阪大学グローバルコラボレーションセンター准教授)
2章 「ちがい」を触媒とした学びの文化―朝文研卒業生のインタビュー調査から見えてきたもの― 中島智子(プール学院大学教授)・野入 直美(琉球大学准教授)
3章 挑戦する神戸甲北高校―10年目の検証― 井尻治道(前校長)
第W部 神戸甲北高校の実践報告
1章 キャリア教育の実践と課題
2章 「産業社会と人間」の取り組み
  コラム [産業社会と人間」の取り組みを通して見えてきたもの
3章 「情報教育」の取り組み
4章 「卒業研究(課題研究)」の取り組み
資料編
学校の概要
教育課程
本校総合学科に関する年表
あとがき

 

→ [学事出版トップページへ]