産業社会と人間[新訂版]
よりよき高校生活のために

服部次郎 編著
A4判 144ページ 定価(本体950円+税)
978-4-7619-1373-1 高校教師

「産業社会と人間」の全面的改訂版。ビジュアルに見やすくなり、「産社」をよりスムーズに進めることができる。


はじめに
第1章 自分を見つめてみよう
1-1 「産業社会と人間」って、なんの授業?
1-2 共に学ぶ仲間との出会い
1-3 自分って、なんだろう?
1-4 「自分史」をつくろう
1-5 自分探しの体験をしてみよう
【資料1】体験学習の感想
1-6 地域を知って、地域から学ぼう
1-7 交流活動から学ぼう
1-8 ボランティアって、なに?
【資料2】ボランティア体験の感想
第2章 生きていくこと働くこと
2-1 働くことって、なんだ?
2-2 職業について調べてみよう(1)
2-3 職業について調べてみよう(2)
2-4 資格の必要な職業もある
【資料3】資格・検定一覧
2-5 職業人の講話を聴こう
2-6 職業人にインタビューしてみよう
【資料4】インタビューのしかた・電話のかけ方 依頼状/礼状の書き方
2-7 実際の職場を体験してみよう
2-8 キャリア・デザインをしてみよう
【資料5】実際に仕事をしている人の声を聞いてみよう
第3章 社会の中で生きること
3-1 環境問題について考えてみよう
3-2 情報化社会について考えてみよう
3-3 「国際理解」って、なに?
3-4 福祉社会って、なんだろう?
3-5 豊かさとは、なんだろう?
3-6 男女共同参画社会って、なに?
3-7 労働環境は、どう変化した?
3-8 これからの社会は、どうなるの?
【資料6】話し合い・発表の方法
第4章 なにを学ぴますか、どう生きていきますか
4-1 上級学校を訪問してみよう
4-2 先輩と語ろう
4-3 〇〇さんの履修計画
4-4 自分だけの時間割をつくろう
4-5 私のライフ・プラン
4-6 「産業社会と人間」発表会
【資料7】面接・ロールプレイングの仕方
【資料8】関連サイト
編著者・執筆者一覧(執筆分担)

 

→ [学事出版トップページへ]