学事ブックレット音楽セレクト4
リコーダーの指導と楽しい活用法

法島隆志 著
A5変形判 64ページ 定価(本体900円+税)
978-4-7619-1377-9 小学校教師

3年生の導入時から6年生の卒業時までの、リコーダー指導のポイントを例示した。集会・校内音楽会などでの活動の指導のポイントもわかる。


1.中学年における活用法
(1)第3学年導入時での活用例(その1 )
 1.単音での「リズム遊び」(シ・ラ・ソの音で)
 2.複音での「ふし遊び」(シ・ラ・ソを使って)
(2)第3 学年導入時での活用例(その2 )
 1.主旋律と重ねる(全曲または部分)
 2.器楽合奏やリコーダーアンサンブルで合わせる
 3.「発表タイム」のすすめ
(3)第4 学年での活用例
 1.ふしの切れ目に合いの手やブリッジを入れる
 2.ロングトーンを応用したオブリガートを加える
 3.日本のふし(メロディー)に親しむ
 4.器楽合奏の中で生かす
 5.手軽にできる二重奏のアンサンプル活動
2.高学年における活用法
(1)歌唱や合唱活動の中で生かす
 1.前奏や間奏やサビの部分にリコーダーを生かす
 2.変声期の男子救済対策として
(2)創作活動の中で生かす
 1.五音音階によるふし作り
(3)より音楽的な充実をめざして
 1.アンサンブルや合奏を楽しむ
 2.全校音楽への発展(まとめにかえて)
3.資料楽譜集

 

→ [学事出版トップページへ]