インターネットの危険から子どもを守る
子どもをネット被害にあわせない加害者にしない

中山洋一 著
A5判 122ページ 定価(本体1,600円+税)
978-4-7619-1398-4 教師全般、保護者

子どもたちがボタンひとつで簡単に被害者にも加害者にもなりうるインターネット社会。教師や保護者の知らないネットの危機対応をQ&A方式でわかりやすく解説。



第1章 インターネットの現状

1-1 有害情報が氾濫する背景
  • インターネット全体を運営・管理しているのは誰?
  • ドメイン名を管理している組織があるって聞いたことがあるけど?
  • インターネットでは誰でも好きな情報を自由に発信してもいいの?
  • なぜ、インターネットには有害情報があふれているの?
  • なぜ、インターネットの有害情報を規制しないの?
  • インターネット上で違法・有害情報を見つけたら、どこに通報すればいいの?
1-2 インターネットによる被害・検挙の実態
  • インターネットで被害を受けている人はどのくらいいるの?
  • コンピュータウイルスの被害状況は?
  • インターネットの被害届はどこに出せばいいの?
  • コンピュータウイルスの被害届はどこに出せばいいの?
  • インターネット犯罪の場合、どうやって犯罪者を突き止めるの?
1-3 子どもにとっての危険地帯
  • インターネットオークションで買い物しても大丈夫?
  • なぜ、出会い系などの危険な電子メールがたくさん届くの?
  • 迷惑メールを受信したらどこへ届出すればいいの?
  • 学校裏サイトって何?
第2章 子どもを守るための情報モラル教育

2-1 インターネットのルールとマナー
  • インターネットの使い方にルールはあるの?
  • 情報を検索するとき、特に子どもたちに注意させたいことは?
  • サイトに情報を書き込む場合、そのサイトを信頼できるかどうか確認させること
  • 子どもたちに電子メールを使用させるときの注意事項を教えてください
  • 子どもがホームページやブログを公開するとき、どんなことに注意すべきですか?
  • 情報モラル教育に役立つサイトを教えてください
2-2 ネットワーク&PC 利用環境
  • 子どもだけでネットカフェに行かせても大丈夫?
  • 子どもにノートパソコンを与えていますが、外出先でネット接続させても大丈夫?
  • 子どもたちの間でCDやDVDなどのメディアを自由に交換し合っても大丈夫?
  • 子どもたちにUSBメモリを自由に使わせても大丈夫?
  • 友だちの間で個人のパソコンを貸し借りしても大丈夫?
  • 学校のネットワークに個人のパソコンを勝手に接続してもいいの?
第3章 子どもを守るためのセキュリティ機能・ツール活用法

3-1 OS、ブラウザ、メール関連
  • 子どもが使っているパソコンのセキュリティ対策が十分かどうか確認したい!
  • 大人が使っているパソコンを子どもに勝手に設定変更されないようにする方法は?
  • 1 台のパソコンを大人と子どもで共同利用するときの方法を教えてください
  • マイクロソフト製品以外のソフトウェアを使ったほうが安全なの?
3-2 ウイルス対策ソフト
  • コンピュータウィルスに感染しないようにするにはどうすればいいの?
  • ISPやセキュリティべンダーのセキュリティ対策サービスについて教えてください
  • ウィスルに感染したら、一体どうすればいいの?
3-3 セキュリティ強化ツール・サービスの徹底活用
  • 子どもが危険なサイトにアクセスしないようにするには、どうすればいいの?
  • 迷惑メールもフィルタリングでブロックできないの?
  • 子どもに与えている携帯電話のインターネット利用を制限することはできるの?
  • 子どもがインターネットでどんなサイトを閲覧しているのかチェックできますか?
  • 市販の統合ログ管理ツールにはどんな機能があるの?
  • 校内ネットワークの安全性を確認する方法はありますか?
  • 校内ネットワークにPCを勝手に接続させないようにする方法はありますか?
セキュリティ関連ツールの紹介
  • メールフィルタリングツール
  • Webフィルタリングツール
  • 統合ログ管理ツール
索引

 

→ [学事出版トップページへ]