新教育課程対応
早わかり教育のキーワード160

小島 宏 著
A5判 144ページ 定価(本体1,600円+税)
978-4-7619-1508-7 小・中・高校長

新学習指導要領をはじめ、教育3法改正など、教育の動きはめまぐるしい。新しい教育を1時間で理解するための本。管理職必携とともに、免許更新にも不可欠。



はじめに―新しい教育の流れを創る

教育は誰が行うのか?

  1. 家庭が担う教育
  2. 学校の責任として行う教育
  3. 地域や社会による教育・
  4. 自分自身が行う教育
学校教育は誰のためのものか?

  1. 学習者個人のための教育
  2. 継承と維持、発展と創造の教育
  3. 帰属集団とのかかわりの教育
  4. 国や社会の形成者としての教育
  5. 世界人類の平和と共存のための教育
早わかり教育のキーワード160

★I 教育理念・目標

001 日本人としての自覚
002 規範意識・公共の精神
003 生命・自然の尊重
004 環境に寄与する態度
005 我が国と郷土を愛する心
006 伝統・文化の尊重
007 国際社会の平和と発展への寄与
★II 教育課題

008 情報教育・ICT教育・NIE
009 環境教育
010 法教育・金融教育・経済教育
011 ボランティア活動・奉仕活動
012 国語力
013 小1プロブレム・中1ギャップ
014 理数教育の充実
015 性教育
016 食育
017 人権教育
018 国際理解教育
019 不登校
020 生命尊重・自殺
021 LD・ADHD
★III 教育内容―1(改善の重点)

022 人間力
023 生きる力
024 キャリア教育
025 言葉の重視・言語活動の充実
026 体験の重視・体験活動の重視
027 言語力の育成
028 安全教育
029 心身の成長発達の正しい理解
030 物作り
031 小学校における外国語活動(英語)
032 教育課程の基準の改正
033 各教科等を横断して育てる能力
034 知識基盤社会
035 基礎的・基本的な知識・技能
036 道徳教育の充実
037 幼稚園教育
★III 教育内容―2(学習指導要領の改訂)

038 新学習指導要領の改訂の概要
039 総則の改訂のポイント
040 国語科の改訂のポイント
041 社会科の改訂のポイント
042 算数・数学科の改訂のポイント
043 理科の改訂のポイント
044 英語科の改訂のポイント
045 生活科の改訂のポイント
046 総合的な学習の改訂のポイント
047 音楽科の改訂のポイント
048 図画工作・美術科の改訂のポイント
049 家庭・技術家庭科の改訂のポイント
050 体育・保健体育科の改訂のポイント
051 道徳の改訂のポイント
052 特別活動の改訂のポイント
053 特別支援教育
★IV 教育課程

054 学校教育の目的
055 教育課程の編成
056 教育課程の実施
057 教育課程の評価
058 指導計画・評価計画
059 授業
060 指導案
061 授業時数の確保(時数管理)
062 土曜スクール
063 夏休み短縮・補充学習
064 放課後子どもプラン
★V 学力・読解力

065 学力の定義と中身
066 学力の定着・向上
067 学力低下
068 基礎学力
069 読・書・算
070 思考力・判断力
071 表現力
072 読解力
073 コミュニケーション能力
074 形式知
075 暗黙知
076 既習事項を活用する力
077 学ぶ意欲
078 豊かな心と感性
079 健やかな体
★VI 学習の基盤づくり

080 基本的な生活習慣の確立
081 学習ルールの確立
082 学習習慣の定着
083 教師と子どもの人間関係
084 子どもと子どもの人間関係
085 教師と保護者の人間関係
★VII 指導体制・指導方法

086 指導と支援
087 習得型の教育
088 活用型の教育
089 探究型の教育
090 教えて考えさせる教育
091 考えさせながら教える授業
092 問題解決学習
093 反復練習・繰り返し指導
094 指導体制の工夫
095 一貫教育
096 個に応じた指導
★VIII 教育評価

097 相対評価・絶対評価
098 評価の妥当性・信頼性・客観性
099 肯定的評価と否定的評価
100 個人内評価・自己評価
101 到達目標の明確化
102 評価規準・評価基準
103 指導と評価の一体化
104 アチープメントテスト(AT)
105 パフォーマンス・アセスメント(PA)
106 ポートフォリオ評価
107 学習評価
108 全国学力調査
109 TIMSS学力調査
110 PISA型学力調査
111 評価と評定
112 通知表の評価
113 指導要録の評価
★IX 学校経営

114 開かれた学校
115 学校の組織的運営
116 校長のリーダーシップ
117 副校長、主幹、指導教諭
118 学校評議員制度
119 コミュニティ・スクール
120 家庭や地域との連携
121 説明責任と学校情報の公表
122 特色ある学校
123 ホウレンソウ・ダイコン・アズキ
★X 学校評価

124 学校力
125 学校評価ガイドライン
126 学校の自己評価(教職員)
127 学校関係者評価(外部評価)
128 第三者評価(専門家等)
129 設置者による評価(教育委員会)
130 学校評価の結果の公開
131 PDCAサイクル
★XI 学校の危機管理

132 生命・安全の確保
133 学校事故
134 個人情報の保護
135 私費会計の適正な執行
136 学級崩壊・授業崩壊
137 保護者からのクレーム
138 いじめの対応
139 子どものトラブル対応
140 体罰の否定
★XII 教員の資質向上

141 教師力
142 校内研究
143 授業評価
144 若手教師の育成
145 中堅教師の専門性
146 ベテラン教師のリニューアル
147 人事考課(教員評価)
148 自己申告・自己評価
149 指導力不足教員
150 教員のメンタルヘルス
151 教員の研修
152 教員の不祥事
★XV 教育法・教育制度

153 教育基本法
154 学校教育法
155 教育職員免許法、教育公務員特例法
156 地方教育行政の組織運営に関する法律
157 学校選択・バウチャー制度
158 教科書
159 2学期制
160 9月入学
参考文献一覧

索引


 

→ [学事出版トップページへ]