生徒を笑顔にかえる魔法のメッセージ
クラスがまとまる担任の「言葉の力」

海木幸登 著
A5判 176ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1509-4 中・高校教師

クラス経営に愛情を注ぐ現役高校教師の新任時代〜現在までの実践集。教室内の色々な場面で、生徒と親と自分を励まし、鍛え、育てるパートナーのような言葉を軸にして解説。



はじめに

第1章 伝えたいことを生徒に伝えるには
1・・モットーは「楽しく明るく」
(1)むずかしいことをやさしく
(2)福沢諭吉「笑顔のすすめ」
(3)青春時代を生きる
2・・「あいうえお」式で印象に残るスピーチを
(1)新任式のあいさつ
(2)生徒指導のアクロニム
(3)避難訓練の心がまえ
3・・・セレモニーを盛リ上げる言葉
(1)Three Cheersdeで技球技大会を盛り上げる
(2)行事の目標を意識させる
4・・学校生活全般で伝えたいこと
(1)右手の勉強、左手の勉強
(2)親の心に届く言葉を捜す
(3)チームワークを意識して語る担任の言葉
(4)学校生活への不安を共有する
(5)高校時代に必要な五つの出会い
(6)人生時計の話
第2章 初めての担任の成功と失敗
1・・いま、教師に求められていること
(1)私の新人時代
(2)ゲームの“達人”を目指す
2・・生徒の心の声を聞くー実践記録・感想文のすすめ
(1)ひとりぼっちの青春
(2)叱ってください。ほめてください。
(3)生徒の声を聞く
(4)実践記録で一年を振り返る
3・・初めての学級担任
(1)親(保護者)の期待を受けて
(2)クラス役員を選出する
(3)担任の仕事―小さな民主主義
(4)小さな民主主義から大きな民主主義へ
4・・教室のコミュニケーションをつくる―ノート利用のすすめ
(1)「列ノート」の“失敗”
(2)さて、あなたの選択は?
(3) 私がとった方法
(4)「列ノート」から「コミュニケーション・ノート」へ
(5) 学級日誌と交換ノートを生かして
5・・各駅停車のクラスづくリ
(1)担任の施政方針演説
(2)貼り紙新聞づくり
(3)再びクラス役員選出について
(4)五月の改選はすべて立候補
(5)クラス役員選挙の効果
(6)ホームルーム運営委員会
第3章 クラス行事と討論で集団をつくる
1・・クラス行事の原案づくリ―小さな民主主義を考える
(1)企画書とプレゼンテーション
(2)原案づくりで育てる
(3)討論をおこすための“戦略”
(4)クラスハイキングのイメージ化
(5)班で係を分担する
(6)初めての原案討論
2・・クラス討論と会議の技法
(1)“班ノート事件”をめぐって
(2)クラス討論の方法を考える
(3)『会議の技法』 に学ぶ
3・・初めてのクラス・ハイキング
(1)フォークダンスの成功を目指す
(2)学級文庫の誕生
(3)いよいよ当日
(4)無断欠席事件をめぐって
4・・集団を生かしたクラスづくリ―自分の中に教師力を育む
(1)通信ノートの言葉
(2)教師としての成長と迷い
(3)クラス・ハイキングの効果
(4)「赤点0作戦」で学習に取り組む
(5)実践は、時を越えて
第4章 リーダーを育てる言葉
1・・リーダーの心に届く言葉は何か
(1)リーダー研修の必要性
(2)講話ではなく、ワークショップを
(3)校歌から広がるイメージ
2・・挑発の言葉、共感の言葉ーリーダー研修会のメッセージ・1
(1)リーダーって何?
(2)“挑発”で育てる
(3)“共感”で育てる
(4)イメージ・マップをつくる
3・・さあ、冒険の旅に出よう!―リーダー研修会のメッセージ・2
(1)アンパンマンの悩み
(2)「生まれる」と“I was born.”
(3)映画にみる冒険の旅
(4)ハリー・ポッターの悩み
(5)さあ、冒険の旅に出よう!
第5章 夢について教師が語ることの大切さ
1・・夢に向かって疾走せよ―生徒指導の思いを言葉に託す
(1)“ケンカ”をし、夢を語る
(2)夢みる能力を鍛える
(3)15歳から始まる人生設計ノート
あとがき

 

→ [学事出版トップページへ]