講座 日本の高校教育

清水一彦 監修 藤田晃之・高校教育研究会 編著
A5判 168ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1610-7 高校管理職、大学

多様化路線が進む高校改革を把握するためには、その多様な高校制度を広く網羅することが重要だ。本書は新制高校発足60年を機に刊行される、高校制度の入門書である。
※ 高校教育7月増刊号の転化本です。

巻頭言……清水一彦
論考編
第1章 草創期の高校制度 ―新制高校が目指したもの
第2章 「普通教育及び専門教育を施す」とは何か
第3章 高等学校学習指導要領の変容
第4章 高校入試制度の現状と課題 ―その理念の転換を通して
第5章 不本意入学と中退問題
第6章 学校間格差は解消に向かうか
第7章 高校生の学力は低下したのか ―戦後60年間の学力観の変遷
第8章 職業教育の展開 ―高校卒業後の進路に着目して
第9章 多様化する学科・コース―その進展と課題
第10章 中高一貫教育の進展
第11章 生徒指導のこれまでとこれから
第12章 進路指導の現状と課題
第13章 大学入試
第14章 専修学校への接続
第15章 高卒就職をめぐる問題
第16章 すすむ高校の再編・統合
資料編
「後期中等教育の拡充整備について」(中央教育審議会答申1966/10/31) (抜粋)
「今後における学校教育の総合的な拡充整備のための基本的施策について」(中央教育審議会答申1971/6/11)
「新しい時代に対応する教育の諸制度の改革について」(中央教育審議会答申1991/4/19) (抜粋)
「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」第二次答申(概要)(中央教育審議会答申1997/6/26)
「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」(要旨)(中央教育審議会答申1999/12/16)
学校数(全日制・定時制)の推移
在学者男女比(全日制・定時制)の推移
高等学校への進学率
大学科別(普通科・専門学科・総合学科)生徒数
高等学校卒業後の進路
産業別就職者数の推移
3年以内の離職率
公・私立高等学校中途退学者数・中途退学率の推移
大検受験者数の推移
中高一貫校の推移
中高一貫教育校の形態
年齢階級別フリー夕一数の推移
高大連携(大学の科目等履修生・聴講生等または公開講座などの制度の活用)の実施状況の推移
高大連携(大学教員による高等学校での学校紹介や講義等)の実施状況の推移
スーパーサイエンスハイスクール(平成20年度指定校)研究開発課題
スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール指定校数推移
スーパー専門高校の新規指定校数と学科別内訳
平成19年度目指せスペシャリストの研究開発課題及び研究開発の概要〈新規指定分〉
公立高等学校(全日制)におけるインターンシップの実施率(学科別)
再編整備に関する検討の主な流れ
生徒指導関係略年表
執筆者一覧


 

→ [学事出版トップページへ]