若い先生に贈る失敗から学ぶ教師学

田沼雄一 著
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1629-9 小・中学校教師

「指導力不足教員」のレッテルを貼られないためにはどういうことに気をつければよいか。失敗例からわかりやすく学ぶ実践的教師術。

はじめに
教師としての責任を果たせ
初任者の頃の情熱を忘れるな
教師としての在り方を追求しよう
授業力向上のために
事例1 学習がわかりにくい
事例2 教材研究をしない
事例3 授業を大事にしない
事例4 子どもを放任する
事例5 質問に答えない
事例6 テストをいいかげんにする
子どもを的確に指導するために
事例7 子どもが納得できるように指導できない
事例8 子どもにあった指導をできない
事例9 ダメなものをダメと言わない
事例10 会話のキャッチボールができない
事例11 くどくどとしつこい
事例12 子どもと友達感覚
改善意欲をもとう
事例13 例年通りが口癖
事例14 経験だけをたよりにする
事例15 創造的でない
事例16 向上心に欠けている
事例17 「なぜ」を考えない
事例18 文章が書けない
社会の常識をもとう
事例19 責任感がない
事例20 時刻を守らない
事例21 八時十五分に来て五時には帰る
事例22 いばっていたり不遜な態度をとる
事例23 約束を守らない
事例24 笑顔を見せない
自己チューは嫌われる
事例25 いつも自分のことしか考えない
事例26 自分だけ話をして人の話を聞かない
事例27 やたらに校内放送をする
事例28 フットワークが悪い
事例29 人の気持ちがわからない
事例30 文句ばかり言う
保護者と信頼関係をつくるために
事例31 保護者とコミュニケーションがとれない
事例32 保護者の評価をこわがる
事例33 保護者に適切な対応ができない
おわりに
困難に負けない強い意志をもって
変革の嵐の中で、自己改革を
 

→ [学事出版トップページへ]