生徒のやる気を引き出すコミュニケーションスキル
4つの力が身につくNLP理論

堀井 恵 著
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1715-9
中・高校教師

ビジネス界で注目のNLP理論を教育現場に。NLPのスキルで生徒の意欲を引き出し、コミュニケーションが深まることで、クラスが変わります。

はじめに
第1章 NLPって何?〜教師のためのNLP理論〜
1 意欲を引き出すコミュニケーション術〜NLP理論〜
2 NLPの基本前提〜人は、素晴らしい人生を送るために生まれてきている〜
  (1)コミュニケーションとは、相手の意欲を引き出すこと
  (2)コミュニケーションは常に繰り返しおきている
  (3)すべての人の行動の裏側には、“肯定的な意図”がある
  (4)失敗はない、そこには学びがある
  (5)コミュニケーションの意味は相手の反応でわかる
第2章 対応力をつける〜ゆとりを持った生徒指導のために〜
1 生徒の心に橋をかけ信頼関係をつくる〜ラポール〜
2 子どもの意欲を引き出すために〜聴き方のスキル〜
3 コミュニケーションの取り方には違いがある〜代表システム〜
4 代表システムをコミュニケーションに活かす〜視覚、聴覚、体感覚〜
5 代表システムを使って
6 視線の方向で生徒の心理状態を見抜く〜アイ・アクセシング・キュー〜
第3章 質問力をつける〜生徒が自ら考え、答えを出す〜
1 望ましい状態をつくりだす〜アウトカム(目的・目標・ゴール)
2 未来を見せて意欲を引き出す〜What do you want? からアズ・イフ(as if)へ
3 どんな自分になりたいですか?〜アウトカムをつくりだす8つの質問〜
4 生徒に夢を語らせる〜NLP式アウトカム達成シート〜
5 本当はどうしたかったの?〜肯定的意図〜
6 生徒に考えさせる言葉かけ〜過去に問いかける質問を〜
7 隠れた意図を引き出す質問〜メタモデル〜
第4章 指導力をつける〜積極的にかかわるために〜
1 楽しい授業にするには〜生徒とラポールがとれた授業〜
2 クラスの一体感をつくり出す習慣(1)
  クラスの一体感をつくり出す習慣(2)
3 見方を変える〜リフレーム〜
4 可能性をひろげる言葉をつかう〜フィードバック〜
5 否定的な行動には一時的言語を〜永久言語と一時的言語〜
6 良い状態を体に覚えこませる〜リソースアンカリング〜
7 相手の立場に立ってみる〜ポジション・チェンジ〜
8 嫌な体験・行動を望ましい体験・行動に入れ替える〜スウィッシュ〜
9 苦手意識をなくす〜サブモダリティ〜
10 ルールを決める〜ルールがあるから自由になれる〜
第5章 人間力をつける〜教師と生徒の心の体力を養う〜
1 自分自身をどう確立していきますか?〜ニューロロジカル・レベル〜
2 どういう教師になりたいですか?
3 理想の教師像はありますか?
4 あなたの使命はなんですか?
おわりに
 

→ [学事出版トップページへ]