小学校 楽しみながら
コミュニケーション能力を育てるミニネタ&コツ101


菊池省三 著
B5判 128ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-1721-0 小学校教師

コミュニケーション能力が楽しく身につくミニネタが満載。短い時間で子どもの興味・関心をひき、授業の導入や展開のつなぎとしても最適です。

はじめに
ミニネタが有効な理由
ミニネタの使い方
Part1■友達とつながる自己紹介
1 自己紹介の必要な場に進んで出るようにさせよう
2 どんな印象を聞き手にあたえたいか考えさせておこう
3 誰かに聞いてもらって話し言葉にさせよう
4 口火を切るつもりでいさせよう
5 自己紹介のネタを集めさせよう
6 自分の名前をはっきり言うようにさせよう
7 最初と最後を決めておかせよう
8 具体的なエピソードを入れて話させよう
9 「聞かれる」ことよりも「見られている」ことを意識させよう
10 どう話したかをふり返るつもりで話そう
11 自己紹介すごろくゲームで自分を語る楽しさを味わおう
★すごろく自己紹介ゲーム
Part2■楽しいスピーチをする
12 メモを使って話す
13 実物を使って話す
14 黒板に書いて話す
15 図や表を使って話す
16 実際にやってみて話す
17 アシスタントを使って話す
18 応答関係を使って話す
19 数字や名前を入れて話す
20 ナンバリング・ラベリングを使って話す
21 一人二役となって話す
22 ユーモアを入れて話す
Part3■聞く力を伸ばす
23 突然!聞き取りテスト
24 耳をすまして聞こえる音を
25 読むのは一人
26 「き・く・こ・よ・ね」(聞く子よね)でインタビュー
27 友だちの部屋を描け!
28 君も名優〜いくつ覚えたかな〜
29 聞く力を伸ばすビンゴゲーム
30 事実と意見の区別ジャンケン
31 命令です!復唱しなさい!
32 写真から5W1Hを聞き出せ!
33 完壁聴写
Part4■「出す声」「姿勢」を楽しく鍛える
34 体育の後に大声大会
35 背面黒板に座標軸
36 声の壁当て〜記録に挑戦〜
37 あなたに声を届けたい
38 声のボリューム〜アップしてダウンして〜
39 早口言葉で真剣バトル
40 いつでもどこでも音読バトル
41 「立つ→見る→話す→座る」を美しく
42 朝と帰りに「60秒姿勢タイム」
43 目線ゲーム
44 ワンポイント音読3本勝負
Part5■これだけは押さえたい日常の言葉遣い
45 「あふれさせたい言葉」「なくしたい言葉」を学期ごとに行う
46 配布物は、「はい、どうぞ」「ありがとう」で配る
47 「全国美しい日本語を使おう連盟」係を作る
48 季節、人、体に関する言葉を集めさせる
49 「ひと言ことば」禁止週間
50 クッション言葉を集めよう
51 「言葉+しぐさ」コンテスト
52 ジャンル別NGワードを決めよう
53 「公の言葉」を集めよう
54 シミュレーションを楽しもう
55 「1年後に言われたい言葉」「1年後に言われたくない言葉」を学期ごとに行う
Part6■授業の中でコミュニケーション力を鍛える
56 話す前に「ハキハキと美しい日本語で」の一言を
57 「書いたら発表」を当たり前にさせる
58 「感想交流」を取り入れる
59 「数字」を示して取り組ませる
60 グループ会議は「秘密会議」にする
61 「チャップリントーク」を活用する
62 授業感想スピーチをさせる
63 「3つあります」スピーチを活用しよう
64 「私は〜です。あなたは?」でキャッチボール
65 「悪魔の代理人」役をつくる
Part7■会話力を伸ばす
66 「名前+あいさつ+ひと言」週間
67 「会話は続くよいつまでも」〜『引用』のゲーム
68 反論でファイト!〜「でもでもボクシング」〜
69 ユーモア勝負〜「イエス・バット」笑点ゲーム〜
70 度胸力をつけろ〜茶の間リアクションゲーム
71 質問力で仲良し〜「なぜ〜なぜなら」ゲーム
72 相手を喜ばそう〜手相占い会話ゲーム
73 どんどん掘り下げろ〜質問連鎖ゲーム〜
74 一週間のスタートを決めろ〜班対抗No.1ゲーム〜
75 授業中に突然!「質問タイム」
Part8■伝え合う力の基盤を作る取り組み
76 学級目標・学期目標<長期・中期の目標を作る>
77 今月の言葉<生活面・学習面の価値ある言葉を教えて鍛える>
78 ほめ言葉のシャワー
79 教室前の関所
80 朝の黒板メッセージ
81 朝の健康観察+ひと言
82 「実は、わたし、・・・」フルーツバスケット
83 係り活動は「ミニ集会」
84 輝く二人作文
85 突然!隣同士でワンポイント会話
Part9■子どものコミュニケーション能力を刺激する教師の話し方
86 ほめる技術を身につける
87 叱る技術を身につける
88 ナンバリング・ラベリングを使う
89 理由の説明をする
90 短文をつないで話す
91 時間感覚を意識して話す
92 突然のインタビューでフォローする
93 合いの手大作戦
94 子どもに質問させる・答えさせる
95 1対1の会話を全体に聞かせる
Part10■教室に備えておきたいコミュニケーショングッズ
96 ストップウォッチ
97 デジタルカメラ
98 ビデオカメラ
99 パソコン
100 自画像ネームプレート
101 おもちゃのインタビューマイク
 

→ [学事出版トップページへ]