先生のための多忙解消マニュアル

小林定夫 著
A5判 128ページ 定価(本体1,400円+税)
978-4-7619-1750-0
教師全般

多忙化する教員の仕事改善に焦点を当て、フォーマットに書き込むことによって、客観的に自分の仕事内容を整理・分析し、改善を実行できる一冊。

第1章 この本の使い方
(1)今、忙しいですか
(2)自分の時間軽減を企画しましょう
1 現状
2 ありたい姿
3 問題点
4 改善への取り組み方
第2章 現状を把握しましょう
(1)あなたは、どのくらい忙しいですか?
1 忙しさ
2 価値観について
3 今後の忙しさへの対応
(2)あなたの今日を見てみましょう
1 自分の仕事時間を知る
2 時間調査のメリット
3 時間調査表の記入方法
(3)今日を評価してみましょう
1 時間の割合が分かる
2 計画性が分かる
3 ロスが分かる
4 集中できていますか
(4)あなたの仕事を棚卸してみましょう
1 棚卸
2 棚卸表
第3章 ありたい姿
(1)変わってみましょう
1 変わりましょう
2 どのように変わりたいですか
3 見方を変えましょう
4 達成感を持ちましょう
5 明確にしましょう
6 行動しましょう
(2)あなたにとっての仕事とは
1 教員という仕事
2 教員に求められるもの
第4章 なぜ変われないのでしょうか
(1)あなたが変われないのは
1 変われないのは
2 新しい仕事の取り組み方が分からない
3 こだわりから抜け出せない
4 他者からの視線が気になる
5 チャレンジできない
6 苦手意識がある
第5章 多忙解消の効果
(1)仕事の効率化とは
1 長時間労働がもたらすもの
2 ベテランが減少する
3 なぜ効率化を図るのか
4 ロスしている
(2)休み
1 休み
2 リズムを作る
3 休み時間を取るには
4 ふと仕事が浮かんだら
第6章 仕事をうまく進めるには/方向性
(1)自分のタイプを見極めよう
1 理想
2 熱血型
3 ループ型
4 裏方型
5 渉外型
(2)方向性
1 移転
2 低減
3 回避
4 保有
5 方向性
第7章 仕事をうまく進めるには/具体的な解決策
(1)自分の仕事時間を確認する
1 標準時間
2 標準時間を持つメリット
3 標準時間の設定方法
4 ものさしを持つ
5 形を整える
(2)“個人の仕事”のあり方を変えるには
1 2つの仕事
2 改善の進め方
3 個人の仕事の改善
(3)仕事改善
1 仕事改善
2 仕事改善の取り組み姿勢
3 まわりはどう変わっていますか
4 改善が長続きしないのは
5 新しい価値観
6 これから必要な能力
7 自分を信じる
8 最後に
 

→ [学事出版トップページへ]