日比谷復権の真実

長澤直臣 著
A5判 136ページ 定価(本体1,600円+税)
978-4-7619-1764-7 高校管理職

日比谷高校と都立高校の「復権」に向けた8年間の取り組み、「改革」に求められるリーダーシップ、これからの高校教育について、改革の旗手、長澤前校長が語る。

はじめに
第1章 「都立復権」へのプロローグ
「かつての名門高校」日比谷への赴任
前途多難な船出
「私は教育庁そのもの」
「天下の名門」と呼ばれたかつて
「東大入学者数193名」の看板
「学校群制度」と都立高の凋落
動き出した都立高校改革
改革の本丸「学区の撤廃」に向けて
学務部副参事から校長へ
第2章 ドキュメント「日比谷ルネッサンス」
「独自入試」はなぜ改革の契機なのか
求める生徒像と学力観
「独自入試」がもたらしたもの
学校週5日制がもたらしたもの
異常と言われた「改革カリキュラム」から伝統復活
第1・第3土曜日はOBによる自習室
偶然に生まれた「予備校いらず」の夏期100講座講習
真の「文武両道」のための二期制とは
学校行事・伝統行事・部活動は勉学の活力源
「到達度別少人数展開」授業
「シラバス」は達成協約
「数値目標」は進学指導のマネジメントのため
「生徒の授業評価」で教師の意識は変わったか
「星陵セミナー」―母校愛は人的財産
第3章 「復権」に向けた苦難の日々
教職員との軋轢(あつれき)
教員の大学教授意識を変える
当事者意識・常識的感覚の欠如
「多数決」で改革は進まない
東京都の人事考課制度
教職員人事異動における「公募制度」
名門日比谷を預かることの重圧
強烈な母校愛―「講堂」再建へのノスタルジー
日比谷に棲む魑魅魍魎(ちみもうりょう)
【コラム】日比谷の十一不思議
第4章 改革の成果と次なるステージ
「第1ステージ」における3年目の挫折
進学実績は現役合格の数値で見る
予想より1年早い大躍進
「名門日比谷」の復活
「復活」を生んだものは何だったのか
改革の第2ステージ:「知は力」はこれからが正念場
日比谷の躍進はどこまで続くか
第5章 改革を成すリーダーシップとは
深刻な「校長不足」
日比谷高校長としての重圧、苦悩
求められるのは「本気」の姿勢と情熱
リーダーに求められる資質とは
講話は常に「真剣勝負」
八方美人は八方塞がり
第6章 公立高校に課せられた役割とは
「都立を変える」との決意
「日比谷の改革」を全国へ発信したい
高等学校はなぜ義務教育ではないのか
高等学校が果たす「振り分け・分配」の機能
進学は私立に任せてしまってよいのか
20世紀のイギリスに見る「エリート教育」の失敗
特権階級によるエリート層の独占がもたらすもの
今こそ求められる「ノブレス・オブリージュ」の精神
高等学校に公費を投じることの意義
おわりに
 

→ [学事出版トップページへ]