子どもの理解を深める「序破急」の授業

佐野藤雄 著
A5判 88ページ 定価(本体1,200円+税)
ISBN978-4-7619-1783-8 小学校教師

能の「序破急」の展開を取り入れ、素朴な実物の教材を提示し、主題に迫る過程を経て、目的に到達できた充足感が子どもの内ににじみ出てくることで達成される授業の実践を解説。




はじめに
第1章 なぜ「序破急」型なのか
(1)子どもはどのようにものごとを理解するか
(2)知性・感性とは何か
(3)「序破急」様式―価値ある題材をめぐって
第2章 「序破急」授業の実際
(1)実物主義―大単元「瀬戸川」を例に
(2)「序破急」図解
・単元「野辺山原のくらし」
・単元「お茶を飲もう」
・単元「間伐材はよみがえる」
・単元「物流システムのしくみを知ろう」
・単元「竹を知ろう」
(3)モデル単元「絹の気品を求めて」
(4)モデル単元「ふくよかな羊毛」
第3章 学び合う教師たち
(1)ユニークだった「山の実会」
(2)授業はみんなでつくるもの
(3)単元開発が教師の力量形成
第4章 佐野藤雄先生と「序破急」(解説)


 

→ [学事出版トップページへ]