地方発!進学校のキャリア教育

その必要性と実践ノウハウ
鈴木達哉 著
四六判 136ページ 定価(本体1,000円+税)
ISBN978-4-7619-1812-5
高校教師
進学校でキャリア教育を推進し、大学受験との両立を成功させた著者が、自身の実践をもとに、特別な予算のない学校でもできる「進学校ならではのキャリア教育」を提案する。

目次

  1. はじめに
  1. 第1章 そもそも「キャリア教育」って?
    1. 1 10年前にはなかった言葉
    2. 2 キャリア教育は特別なこと?
    3. 3 校種別にみたキャリア教育の現状
    4. 4 進学校でこそキャリア教育が必要
    5. 5 なぜ進学校では低調なのか?
    6. 6 進学実績も伸ばしながら
    7. 7 キャリア教育と進学を両立した例
  1. 第2章 日常生活/進路指導を通じたキャリア教育
    1. 1 視点を変えてみる
    2. 2 日常生活を通じたキャリア教育
    3. 3 進路指導を通じたキャリア教育
    4. 4 面談の質問内容を変えてみる
    5. 5 「総合的な学習の時間」を使って
    6. 6 少しずつみんなで
    7. 7 一緒にやっていく仲間を作る
    8. 8 企画に「魂を込める」
  1. 第3章 学校行事/部活動を通じたキャリア教育
    1. 1 学校の独自性が出る場面
    2. 2 学校行事を通じたキャリア教育
    3. 3 部活動を通じたキャリア教育
    4. 4 受験勉強もキャリア教育になる
    5. 5 生徒が最も伸びる瞬間
    6. 6 行事・部活・受験勉強を通じてリーダーを育てる
  1. 第4章 授業/教科を通じたキャリア教育
    1. 1 授業もキャリア教育の一環?
    2. 2 国語の授業を見直す
    3. 3 小論文指導を通して
    4. 4 「論理コミュニケーション能力」とは?
    5. 5 論理コミュニケーション能力を育てる
  1. 第5章 キャリア教育に必要な「連続性」
    1. 1 教育は人材育成
    2. 2 高大接続について
    3. 3 バトンタッチの精神
  1. 第6章 キャリア教育キーワード集
    1. インターンシップ
    2. 高大接続テスト
    3. 能力開発
    4. 教育における経済格差
    5. 教員の多忙化と教員に対する政策
    6. 新学習指導要領
    7. 高校生の現状
  1. ★COLUMN★
    1. 1 キャリア教育のキーワード
    2. 2 ベンチマークを計画する
    3. 3 どのような人に話をしてもらうか?
    4. 4 伝統行事は絆を強める
    5. 5 論理的思考力の代わりに
    6. 6 大学は全部同じでなくていい
    7. 7 私の考えるインターンシップ
  1. 終わりに
  1. 参考文献
  1. ●付録 3年間の進路ストーリー

→ [学事出版トップページへ]