生徒に贈る 夢と希望がふくらむ150の言葉
佐藤允彦 著
A5判 176ページ 定価(本体1,900円+税)
ISBN978-4-7619-1837-8
小・中・高校管理職

児童・生徒の生きる力や学習意欲を育てるために、著名人の言葉からわかりやすく学ぶ名言集。



I 学ぶ意欲を起こさせる言葉<学問・知識・信条・希望・挑戦>
  1. 一日生きることは一歩進むことであれ。/湯川秀樹
  2. まことに申しわけありません。勉強し直してまいります。/桂 文楽
  3. 希望とは望ましい状況を予知することではない。希望とは精神の持ち方、心の働きである。/バツラフ・ハベル
  4. 教育っていうのは、まず楽しませて、興奮させて、そして教える。ところがその、楽しませる、興奮させるところをやらないで、いきなり教えに入るから子どもにとって一番大事なところが欠けてしまう。/はらたいら
  5. 夢です。夢がなくては、人は大きくならん。米や魚は体を大きくするだけだよ。/早坂 暁
  6. 人生に卒業しなければならない高校も大学もあったものではない。社会こそその人の生きる大学である。/水上 勉
  7. 体験のある知識はひらめきを生む/日下公人
  8. 教養はものを識ることとは関係がない。やっぱり人の心がわかる心というしかない。それが日本風の教養の定義であろう。/養老孟司
  9. 学ぶ、とは新しい自分に出会うことだ。/一ノ瀬綾
  10. 「わからない」は、思索のスタートである。「わからないからやーめた」であきらめれば、そこは挫折のゴールである。/橋本 治
  11. 夢中でしたね。夢中っていうのは大変すばらしいことです。/高野鎮男
  12. 勉強は、しなさいと言われてするものではなく、したくなった時初めて意味を持つ。/落合恵子
  13. たじろぐな、新しい世界への道が見えたら、その道を歩いてごらんなさい。しんどくて大変かもしれないけれど、今まで見えなかった新しい輝きが見えますよ。/寿岳章子
  14. どんな小さなものであれ、前途に希望とか目標といったものを持っていない人間が、他者との関係を維持できるわけはない。/関川夏央
  15. 何かを始めるべき場所は 君が今いるその場所なんだ。/リチャード・カー
  16. 退屈だという人は、なすべき仕事があるのにそれが見えない人であり、彼にはやるに価するおもしろいことも、自分でやってみようという意欲もないのである。/小原 信
  17. 私は孤独ではなかった。私には語りかけられるものがあり、語りかけてくれるものがあった。本である。私にとって書物は恋人であり、思想であった。/出久根達郎
  18. 生きがいのある人生とは、自分の中にある潜在的能力を開発することです。/アルフォンス・デーケン
II 生き方を考える言葉<生き方・人生観・日常生活・行動・仕事>
  1. それでも人生にイエスと言う/ヴィクトール・E・フランクル
  2. 時計の針が 前にすすむと「時間」になります 後にすすむと「思い出」になります/寺山修司
  3. 自分の精神がどうやって成長してきたか考えてみると、どうも別れから成長してきたような気がします。/吉本隆明
  4. ずっと長くやっていると 誰も何も言ってくれなくなる。/宮本文昭
  5. 生きるということは自分の中にある才能の可能性を引き出し、それを育て、極限まで成長させ大輪の花を咲かせるということだと私は長い間考えてきました。/瀬戸内寂聴
  6. 豊かさの反対は貧しさではない。問題は豊かさの中で充満している心の貧しさである。/筆者
  7. 私の仕事は毎日良質の一粒の種を蒔きたいという願いをこめたものです。/秋山ちえ子
  8. 考える力は手を動かすことと深く関係するとすれば、気分は足とかかわりがあります。/谷 昌恒
  9. 中途半端な謝罪や誠意のない謝罪は、たいていの場合、まったく謝罪しないより悪い。心のこもらない謝罪をされた側は、侮辱されたと感じるからだ。/ランディ・パウシュ
  10. 人生はセルフ・サービスだ。自分の人生を豊かにするのは自分であり、そうしようと思えばいくらでも創造的で幸せな人生が送れるのだ。/マルモ・モーガン
  11. 次から次へと買うことは、決して幸せなことではありません。物を粗末にすることは、物の奴隷になっているということです。物を大切にしない人は、他人から大切にされません。/クライン孝子
  12. 若いうちに全身で屈辱を受けた経験のない人間や若くしてスポットライトを浴びた人間は、思いやりがない。人を見る眼がない。人の気持ちの深淵を知らない。/森村誠一
  13. 貧乏だったことが、親が残してくれた最大の財産だ。/樫尾忠雄
  14. 何か面白いことをしていると、人は時間を忘れる。時間に気づかない。しかし無駄なことをしていると、時間はのろのろ過ぎる。/辻 邦生
  15. 何より、柔軟で鋭敏で、しかもエネルギッシュな体を作っておくことだ。/小澤征爾
III 豊かな人間関係を築く言葉<交遊・仲間・協調・責任>
  1. 友を選ぶなら、いちばん善い人を選べ! そしていちばん悪い人も加えろ! 教えられる。/永井 隆
  2. 人と人との絆は、当たり前の人間としての行動から生まれてくるものだ。/杉原幸子
  3. この世には、まったくの脇役という人間は存在しない。すべての人が主人公で、すべての人が脇役だ。/山田風太郎
  4. 志を持つんだよ。志には学歴は必要ないんだよ。みんなに好かれる人になるんだよ。/三国清三
  5. 協調性と社交性は、ベクトルが反対で、同一文化共同体にとけこもうとするのが協調性で、異文化とうまくつきあうのが社交性。二十世紀が協調性なら、二十一世紀は社交性。/森 毅
  6. 真の友人とは、生きる目標をしっかりと定め、孤独と闘いながら自立の道を着実に歩んでいる人間のなかにしか存在しないのです。/丸山健二
  7. 出会いに期待する心とは、いわば幸福をさがす心のことなのだ。/寺山修司
  8. 物を見るのには隔たりをおく必要があるが、交際をする際にもまた、隔たりをおかねばならぬ。/ラ・ロシュフコオ
  9. いい家というのは、立派なお屋敷だとか、そういうことじゃなくて、いつも人が訪ねて来てくれる家のことだ/リリー・フランキー
  10. 自立を求める人は、違うタイプの情報を得るための外部の人的ネットワークを必ず持っている。/村上 龍
  11. 喜びはみんなで共有すると増える。悲しみはみんなで共有すると減る。/阿刀田高
IV 自分を磨くための言葉<自立・忍耐・覚悟・努力・信念・目標>
  1. 受けるより与える方が幸いである。/聖書『使徒言行録20・35』
  2. 人の言葉をきちんと受けとめられないのは、人の心を大事にしないところにあるのではないか。人の言葉に謙虚に耳を傾けようとする姿勢があれば、私たち人間は、様々な面において、もっと向上する筈である。/三浦綾子
  3. 人は鏡/白洲正子
  4. 人間の偉大さを計る尺度のひとつが―そしておそらく最良の尺度と思われるのが―苦しみに耐える能力である。/M・スコット・ペック
  5. よく世人は、苦労しなければならぬという。ただ、苦労すれば必ず偉くなれるとのみはいえない。工夫しての苦労でなければ、苦労の中からなにものも得ることができない。/野間清治
  6. 改革とは、藩政を変えるだけではない。自分を変えることなのだ。自分を変えるとは、生き方を変えることなのだ、容易なことではない。/童門冬二
  7. 買っても売るな「苦労は宝」/藤本義一
  8. 決断にためらいを感じると負ける。直感を信じることだ。/羽生善治
  9. ひたむきな態度は人生最高の武器である。/西田育生
  10. 「そのうち」よりも「今のうち」/筆者
  11. 忍耐はけっして生まれつきのものではなく習得するものであり、強い意志の力でもってつくりあげるものである。/フランチェスコ・アルベローニ
  12. 苦労してやってこそ喜びがある。楽なことは楽なりの喜びしかない。/幕内雅敏
  13. 本当の体力よりは、どこまで忍耐力があるか。体力のタイは「体」じゃなくて「耐」というほうが適当かもしれない。/犬養道子
  14. 大きな耳、小さな口、やさしい目/NHK番組「フルスイング」
  15. すぐやる。必ずやる。出来るまでやる。/永守重信
  16. 自分を頼りにして生きることほど痛快なことはありません。頼れるような自分に改造してゆくことほど面白いことはありません。/丸山健二
  17. 苦しいことがきた時に、そこから逃げようとするともっと苦しくなります。いっそ苦しいことの中に座りこんでそれを受け止める、そのほうがらくなんです。/佐藤愛子
  18. 叱られる人を常に三人持て/倉本 聰
  19. とかく人生なんて後悔の連続なんだよ。なにかに後悔しそうになったとき、後悔をグッと呑み込んで、自分の決めた道を黙々と進む、それが『押忍』なんだ、人生なんだ。/重松 清
  20. 人は物事が思うように運ばないと悔しい思いを抱きますが、悔しいでは駄目。恥ずかしいと思うことのほうが大事だと思うのです。/鍵山秀三郎
  21. ちいさいことを重ねることが、とんでもないところに行く、ただ一つの道だ。/鈴木イチロー
  22. 若いうちは身の周りの贅沢より心の贅沢、つまり心の滋養となるものにお金をかけるべきです。/金 美齢
  23. できない理由を探すな/渡部昇一
V 感性豊かな人間になるための言葉<喜怒哀楽・優しさ・創造・芸術・価値観>
  1. 言葉は心である。言葉に心配りがあるのは、その人の人柄をみる鏡だ。/平岩弓枝
  2. 皆さんはネオンの光を演奏している。けれど私の欲するのは、ろうそくの光なのです。/フェルディナント・ライトナー
  3. 大人とは、自分が在るのと同じように別の人間も在るということを、生活のレベルで認めることができる人のことであり、子どもとは、その自他のけじめが未だ分からない、在る意味で自分本位な人である。/山崎朋子
  4. 本当の優しさとは、相手に気づかれずにすること。/島田洋七
  5. 人間の持ちもののうちで一番素晴らしいものは、笑顔なのだ。/森 搖子
  6. 何かを始めようと思ったら、最初はクレイジーにならなければだめです。/清川 妙
  7. ホーム・グラウンドを持とう/丸谷才一
  8. 感動は過去形にならない。/松永伍一
  9. 世の中には変わったものを見ると、ケシカランと反射してしまう人と「面白い」と反応する人といる。「面白い」派は、好奇心でものを見る人たちだ。つまり大脳を働かせている。ケシカランは恐怖心でものを見る人たちだ。ケシカランと存在そのものを抹殺しようとする。/なだいなだ
  10. ほんとうのやさしさとは、自分から親切にしてあげることではなく、どんなときにも、どんな人にもやさしい対応ができるということです。/秋元 康
  11. 年齢とか学歴とか社会的立場とか、わかり易い枠組みの中で人を判断してしまうと、その人間の奥にある愚味も賢明も冷酷も善も見逃してしまう。/あさのあつこ
  12. 見て 見つめて 見極める/熊田千佳慕
  13. 美しい風景を心の中に宿す人は美しい/立松和平
  14. 私の基準は「美しいかどうか」だ。美しいものには「力」がある。生きものは「美しいとき」ほど盛んに生き、栄える。/平山郁夫
VI 社会性のある人間になるための言葉<規則・規範・ルール・リーダーシップ>
  1. Last but not least/シェークスピア
  2. 卑怯を憎む/藤原正彦
  3. 忘れることは、マイナスに考えられやすいが、実は生きるに必要な技術である。からだを操縦するためにはぜひ忘れなければならない。そうしないとからだのオートマチズムが障害をおこす。/戸井田道三
  4. 人が無謀なふるまいに及ぶのは、欲するものを得ようとする場合よりも、恐れるものを取り除こうとする場合のほうがはるかに多い。/ダン・ブラウン
  5. マナーの衝突は、「間」を必要とする人たちと、必要としない人たちとの間の摩擦である。/熊倉功夫
  6. リーダーとは全体の「傾き加減」がよく見える人である。/マークス寿子
  7. 百人のオーケストラを一人で操ろうとせず、楽団員全員と百通りの関係を結ぶことを心がけている。/大植英次
  8. マナーというのは、自分を縛るものではなく解放するものだ。/唯川 恵
  9. 老人はカラダが弱いから席を譲るのではなく、私たちの生活を築いてくれた先輩だから、それに感謝して席を譲るのです。/浅田次郎
  10. 怒りの感情というのは、いってみれば自分の中の猛獣です。「怒りにかられて衝動的に」という表現があるように、この猛獣を上手にあつかわないと大変なことになる。/中村修二
  11. おいしいものだけもらって義務は嫌だという人が、今の時代、たくさんいますね。そういう人は結局、人生をいいところだけつまみ食いしたいのでしょう。/山本一力
  12. 自由とは、他者に敬意を払い、なおかつ自分を大事にするバランス感覚あってこそのものだ。/ローラ・シュレッシンガー
  13. 人は、起こしたことで非難されるのではなく、起こしたことにどう対応したかによって非難される。/東京商工会議所
VII 思考が柔軟になるための言葉<気づき・励まし・視点>
  1. 頭のいい人は、いわば足の早い旅人のようなもので、人より早く行き着くことができるが、途中の道ばたにある肝心な宝物を見落とす恐れがある。(一部改)/寺田寅彦
  2. 心に傷をもたない人間がつまらないように、あやまちのない人生は味気ないものだ。/山本周五郎
  3. 年齢というものは、元来意味はありませんよ。若い生活をしている者は若い。老いた生活をしている者は老いている。/井上 靖
  4. 離れると、物が見やすい。/司馬遼太郎
  5. 私は、全員賛成という場面では、逆に慎重な態度を取ることにしています。/佐伯 勇
  6. できない子は、生まれつきではなく、できる子であるわけがないという決めつけからつくられる。/P・F・ドラッカー
  7. たとえ面白くないことであっても、何でこんなに面白くないのだろうと面白がってしまう。人生楽しめないことなんてことはひとつも無い。/黒鉄ヒロシ
  8. 人生を80%の目標で生きていくということは、常にあと20%の余力を維持しているということになる。それは重要なことだ。/斉藤茂太
  9. 自分のたのしみだけではなく、人の目にも快よく映るおしゃれ、それは、美のあり方に敏感な心が必要なのでしょう。そのとき、その場にふさわしい美のあり方も考えなければなりません。/高田敏子
  10. ちょっと視点を変えて想像力を働かすと、プラスとマイナスはみごとに入れ替わってしまいます。何事についても、不満を感じるとき、視点を百八十度かえてみると、短所だとばかり思いこんでいたものが、立派な長所になることも大いにありうるのです。/木村治美
  11. 新しい時代に生きるためには前の時代にのみ有効であった判断基準から脱却しなければならない。/谷沢永一
  12. タダは無意識のうちに人間を堕落させる。/上坂冬子
  13. 変だと感じる感情と、何故だと考える想像力/桐野夏生
  14. 失敗と書いて成長と読め/野村克也
  15. 成熟とは自ら選んで環境に関わっていくことであり、状況をコントロールできる能力を身につけることである。/中島 梓
  16. 日本人はなにごとにも線を引きがち。もう何歳だからとか、ひまがないからとか。そうやって、行動を制限し、才能を固定化してしまう。線なんかないのに。/清川 妙
  17. 時の進みは速いものです。この速い人生を、幸せに過ごすかどうかは、実は簡単なことです。「いまからでも」と「いまからでは」が人生の大きな分かれ道になってきます。/梁瀬次郎
  18. ガンバレという命令形は自分自身にいう言葉であって、決して他人に向かっていう言葉ではない。それも声にしない言葉である。/藤本義一
VIII 選択が広がる言葉<進路・仕事・自分さがし>
  1. 人間は、人なみでない部分をもつということは、すばらしいことなのである。/司馬遼太郎
  2. 黄金の時間、銀の時間、珊瑚の時間、真珠の時間/城山三郎
  3. リスクという危機の中に埋もれてしまわないで、リスクをクスリ(薬)だと思うようになればいい。/藤本義一
  4. 脳における空白こそ、人生の本質です。空白がなくなると人生は終わりも同然。/茂木健一郎
  5. もっと自分で考えて、自由な発想をしろ。丸型や三角、四角の電球を作ってみろ。/石坂泰三
  6. 一人の夢はただの夢 みんなの夢は現実となる。/オノ・ヨーコ
  7. 鼻血がでるまでおもいっきり考えてください。/夢枕 獏
  8. 自分の仕事を卑下し、携わっているそのことに劣等感を抱きながら、金だけにこだわる姿勢からは、職業の社会的地位など望むべきもない。/青木新門
  9. あせったらいかん じっくりやりなさい 近道を行けば その先は行き止まりだ/NHKドラマ『ゲゲゲの女房』
IX 挫折に負けない強い心になる言葉<劣等感・孤独・失敗・勇気・努力>
  1. 今日がダメなら、明日があるぞ/ドン・ガバチョ
  2. 傷は見せてしまった方が百倍楽だ。/遠藤周作
  3. 初めてのことを始めてみないか/秋元 康
  4. 結果を思わぬこと―それが行動のこつだ。/辻 邦生
  5. 現代の若者の悲しみは、自分で欲望を抑えた悲しみでなく、自分の欲望が満たされないとすぐに自信を喪失し落ち込んでしまうような悲しみのように思われる。/速水敏彦
  6. 他人のことをうらやんではいけない。辛抱して、将来、発展すればいい。いま苦しいのはむしろ幸せ、と思いなさい。/城山三郎
  7. ひとつの世界から別な世界に移る。そういうのはいつだって危ないときなんだね。/石田衣良
  8. 敗北を認めることは決して恥辱ではない。問題はそこからどう立ち直っていくかなのだ。/高橋 治
  9. 結果が出ないときに必要なのは、それが実力なのか一時的なスランプなのかを見極めることだ。/羽生善治
  10. ぼくはいかなる場合でもぼくの「希望」は捨てない。/武満 徹
  11. 努力というものは、本来なかなか報われないんだけれども、報われるべき「時」っていうのがあるものです。かならずチャンスはめぐってくる。/林 望
  12. 自分がイヤになるのは、とても良いことだと思います。というのは、それだけ要求水準が高いというか、自分を高めたい気持ちが強い証拠。/毛利子来
  13. なんで一段一段なんだろう/上村愛子
  14. 心の中のごみ=駄目意識を取り去れ/ロバート・シュラー
  15. 一人でいることに耐えられる力は、人が生きていく上で必要なのである。最低限の孤独に耐えていかなければ、人間は生きて行くことができない。時には孤独を友にできるような心がけが必要なのだ。/斉藤茂太
X 愛し・愛されるための言葉<友情・恋愛・肉親愛・幸福>
  1. 自分のことばかり話す人間は、自分のことだけしか考えない。/D・カーネギー
  2. 人間の持つ性情のうちで最も強いものは、他人に認められることを渇望する気持ちである。/ウイリアム・ジェームズ
  3. 言葉は手に似ているとおもう。手は固めて人を突くことも、広げて人を抱くこともできる。そのように、言葉にも突き刺す言葉と抱きよせる言葉とがある。/上田三四二
  4. 自分のために膨大な時間を費やしてくれた人に、誰でも打ち解けていく。/竹内一郎
  5. 相手の心を捕らえるということが、どれほど難しいものか。まず相手に信じてもらうことからはじめなければならないが、それがまた、さらに難しい。/内海隆一郎
  6. 私は「わかってもらえない」苦しみは、人間の苦しみのうちで第一級のものだと信じております。/中島義道
  7. 人と人との関係で大切なのは、心ではない。なぜなら、心はいくらでもごまかせる。自分以外の人には見えないし、聞こえないから。/吉村達也
  8. 人がなぜ友だちを必要とするかといえば、ほめてくれる人がいないと人は生きてゆけないように作られているからなのです。/清水佑三
  9. 会話というものにはその人の人生観の片鱗がでる。/曽野綾子
  10. 幸福とは勝ち取るものでなく、育てるもの。幸せとは、遠いところにある既存のものを奪うことではなく、自分のなかに育て、その成長を見守るべきもの。/エドワード・M・ハロウェル
  11. “自分らしく”なんていうのはヒマ人の寝言だ。そんなことを考えるよりも、いま自分がやらなければならないことは何か、ほんとうは何をやりたいのかを、ごまかさず見つめることだ。/岡本敏子
  12. 私の感じる愛とは、人のからだのなかにしみこんだ誠実さなのだ。なんの計算も技巧もない、素朴な誠実さなのだ。/新藤兼人
  13. 批判は人を変えない。人が変わるのは、真の愛に触れたときだけだ。/木崎さと子
  14. 時おり来て涙を流してくれる人より毎日そばにいて汗を流してくれている人にもっと感謝しなさい/荒 了寛

→ [学事出版トップページへ]