新版・教頭のホンネ
学校組織の理想と現実

全国高等学校教頭・副校長会 編
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-1847-7
高校管理職

「学校一多忙」で学校の情報を一手に担う、教頭・副校長が、日々の業務で感じる「ホンネ」を披露する。校長・教員・保護者・生徒をどう見ているか。教頭ならではの視点から学校を考える。

はじめに
教頭・副校長職の理念と実態/錦織政晴(全国高等学校教頭・副校長会会長)
第一章 一学期
教頭日誌(四〜六月)
[座談会]匿名座談会 1 激務を乗り切るには
ときには「死んだふり」も必要なのです
・管理職トップ対談 島宮道男/錦織政晴
未履修問題への現場の対応とジレンマ
第二章 夏休み
教頭日誌(七〜八月)
[座談会]匿名座談会 2 副校長・教頭は決して「名ばかり」ではない!
多忙感の原因と対策
第三章 二学期
教頭日誌(九〜十二月)
[座談会]匿名座談会 3 教頭・副校長の新たな可能性
ホンネとタテマエの制度論に翻弄されながら…
第四章 三学期
教頭日誌(一〜三月)
・会長インタビュー
未来へつなげる、教頭・副校長のリーダーシップ/錦織政晴(全国高等学校教頭・副校長会会長)
【特別寄稿】
価値観の変わる時代と高校に期待される役割/寺脇 研(京都造形芸術大学教授)
あとがき

 

→ [学事出版トップページへ]