話し合い活動を必ず成功させるファシリテーションのワザ

菊池省三 著
B5判 96ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-1862-0
小学校教師
話し合い活動を活発にし、実行に導くためには、教師のファシリテーションの技術が欠かせない。全員が参加し、クラスが一つになる「子ども熟議」の実践を通してそのコツを紹介する。

目次

  1. はじめに
  1. ■みんなが参加し、クラスが一つになる話し合い活動とは
    1. 話し合いがうまくいかない理由は何か
    2. 全員が参加し、クラスが一つになる話し合い活動のコツ
  1. ■話し合い活動を成功させるファシリテーションの技術
    1. 授業ファシリテーターとしての心構え
    2. 議題を決める技術
    3. グランドルールをつくる技術
    4. 座席をレイアウトする技術
    5. グループサイズとその運用の技術
    6. 時間を管理する技術
    7. アイスブレーキングの技術
    8. インストラクション(説明)の技術
    9. ゴールを設定する技術
    10. アクティビティを活用する技術
    11. 議論を可視化する技術
    12. 結論を導く技術
    13. ふり返りの技術
    14. 発言を促す技術
    15. 自分の意見を持たせる技術
    16. 傾聴する技術
    17. 質問する技術
    18. フォローする技術
    19. 伝える技術
    20. 協同して実践させる技術
  1. ■クラスが一つになる話し合い活動「子ども熟議」の流れと指導のポイント
    1. 「子ども熟議」とは
    2. 「子ども熟議」の流れと指導のポイント
  1. ■クラスが一つになる話し合い活動「子ども熟議」の実際
    1. 感謝の気持ちをこめて「六年生を送る会」を開く
    2. 「ほめ言葉シャワー」でコミュニケーション能力を高める
    3. 冬休みをどう過ごしたらよいか
    4. 感謝の気持ちを示す活動として学校掃除に取り組むには
    5. 「学級名言集」を作成する
  1. ■「熟議」と他の話し合いとの違いは何か◆子どもたちの声から◆

→ [学事出版トップページへ]