学びの達成感を引き出すノート検定

田島亮一 著
B5判 72ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-1865-1
小学校教師
一ヶ月に一回、授業や家庭学習でまとめたノートの検定を行い、子どもたちの学びの達成感と学習意欲を引き出す。創意工夫したノートになるまでの指導と評価の極意がわかる。

目次

  1. まえがき
  2. 1章●ノート検定で子どもの学びが変わる
    1. 1 ノート検定とは
    2. 2 なぜノート検定なのか〜今までと違うノート〜
    3. 3 ノート検定で評価される喜びを!
    4. 4 ノート検定でどんな力がつくのか
  3. 2章●ノート検定・一年間の活動
  4.  一学期のノート検定
    1. (1)板書を写す基本を徹底する
    2. (2)筆記用具の使い方を指導する
    3. (3)視写・聴写の活動でノート作りを指導する
    4. (4)色鉛筆の使い方のきまりを理解する
    5. (5)子どもたちとのコミュニケーションを図る
  5.  二学期のノート検定
    1. (1)製本することを伝え、ノート作りのモチベーションを高める
    2. (2)保護者会で製本することを説明し、保護者の関心を高める
    3. (3)検定1級のノートを見せて、ノート作りをイメージさせる
    4. (4)「考えるノート作り」を指導する
    5. (5)学習内容を「見える化」する
    6. (6)説明文ノートで「見える化」する
  6.  三学期のノート検定
    1. (1)文学作品ノートで「見える化」する
    2. (2)文章を構造的に読めるようになったA子のノート
    3. (3)学年末にノートを整理して製本する
  7. 3章●上級ノートへの指導のポイント
    1. ポイント1・学習内容を明確にして、ノートを計画する力を鍛える
    2. ポイント2・学習用語をノートに整理する
    3. ポイント3・書く活動を授業の中心に据える
  8. あとがき

→ [学事出版トップページへ]