学校マネジメント研修テキスト 4

学校経営

日本スクールビジネス研究会 編
A5判 128ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-1877-4
学校事務職員, 小・中学校管理職
学校や学校組織についての理解を深め、マネジメント力の向上を図る。学校・地域を活性化し、地域協働推進を担う教職員のためのテキスト。

目次

はしがき
第1章 公教育と学校
第1節 「公教育」と「私教育」
第2節 教育の自由と平等
第3節 改正教育基本法における公教育観と学校の位置づけ
1.教育の機会均等と差別排除
2.義務教育と授業料無償
3.学校のマネジメントと地域協働
4.教育の中立性と教育行政
第4節 学校マネジメントの必要性
1.学校は果たして「組織」なのか
2.急激な社会変化と環境適応
3.学校マネジメントの展開
[第1章 演習問題]
第2章 教育改革と学校
第1節 第三の教育改革の位置
第2節 ポスト近代の教育・学習
第3節 戦後の教育の流れ
第4節 平成10年答申の意味
第5節 今、何をなすべきか
第6節 教育改革と事務職員
第7節 事務の共同実施と事務長
第8節 新たな職務内容
第9節 平成8年以降の答申と改革の流れとの関係
[第2章 演習問題]
第3章 教育行政と学校
第1節 誰が教育を統治すべきか
第2節 教育委員会はなぜ設置されたか
第3節 誰が教育に影響を及ぼしているのか
1.教育行政に影響力を行使する主体
2.首長による影響力行使の手法
3.地方分権改革後の首長主導の教育行政改革
第4節 アメリカの事例から日本を考える
第5節 事務職員にとっての教育行政改革
[第3章 演習問題]
第4章 災害と学校
第1節 災害に弱い学校
1.「想定外」に対する混乱
2.避難訓練の限界
3.学校の危機管理
第2節 学校保健安全法
1.教育行政の責務
2.学校内の責務
3.学校外と連携した責務
第3節 地域の拠点としての学校
1.学校―地域合同の避難訓練
2.備蓄の共同化
3.防災教育の共同化
[第4章 演習問題]
第5章 マネジメントと学校事務職員―ドラッカーのマネジメントから考える―
第1節 はじめに
1.P.F.ドラッカーとマネジメント
2.マネジメントのキーワード
第2節 学校事務(職員)の使命は何か
第3節 学校事務(職員)の顧客は誰か
第4節 学校事務(職員)の強みは何か
第5節 マネジメントの前提は人間仮説
第6節 学校と個人(事務職員)の統合を目指す「目標による管理」
1.目標
2.自己統制
3.管理
[第5章 演習問題]
第6章 評価と学校事務職員
第1節 評価をめぐる学校事務の検討課題
第2節 学校事務の組織的課題と評価
1.学校事務職員と組織上の課題
2.評価体制と外部監査
第3節 学校事務の評価をめぐる脆弱性とその課題
1.校長裁量の強化・拡大と学校財務
2.学校予算管理と保護者との関係
第4節 危機管理と責任ある財務管理
1.求められる責任ある評価・管理体制
2.学校財務の確立と評価体制の構築に向けて
[第6章 演習問題]
第7章 学校事務職員の成長
第1節 学校事務職員の役割
1.これからの学校のミッション・ビジョンと学校事務職員の役割
2.中教審における学校事務職員に対する期待
第2節 学校事務職員の専門性と学校運営への貢献
1.学校事務職員の専門性
2.「管理事務」による学校運営への貢献
第3節 学校事務職員の資質能力マップ
1.学校事務職員の資質能力マップ
2.レベル1の学校事務職員の資質能力マップ
[第7章 演習問題]
第8章 新しい学びと学校
第1節 未来を拓く学び
1.教育の情報化ビジョン
2.学びのイノベーション
第2節 学習指導要領における教育の情報化
第3節 校務の情報化と学校事務の体制整備
第4節 学校経営に必要となる「教職協働」
[第8章 演習問題]
第9章 学校事務の実践と理論
第1節 学校における組織マネジメント
1.学校組織マネジメントの必要性
2.実践におけるマネジメント
第2節 組織を活性化させ続けるマネジメント
1.問題の発見から解決へのプロセス
2.問題解決を実践例から学ぶ
3.学校の問題の整理
4.学校の問題の共有化
[第9章 演習問題]
[演習問題解答]

→ [学事出版トップページへ]