特別支援教育
どの子も「安心」できる学級づくり・授業づくり

田中博司 著
B5判 132ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-1883-5
小学校教師
特別支援を要する子が「安心」できる場づくり・雰囲気づくりのコツ、どの子も学びやすい授業の工夫など、すぐに使える授業事例を集録した。

目次

  1. まえがき〜教室を支える5つの安心〜
  2. ■序章・どの子も安心できる教室とは
    1. 通常の学級の担任ができること
    2. 「個」と「集団」のバランス
    3. クラスやその子に合わせて考える
  3. ■1章・いま必要な「安心」できる学級づくり
    1. (1)どの子も「落ち着く」教室環境の工夫
    2.   毎日過ごしやすい教室環境
    3.   「刺激の少ない掲示」で落ち着く
    4.   「統一感のある色づかい」で落ち着く
    5.   「わかりやすい掲示」で落ち着く
    6.   「くつろげる空間」で落ち着く
    7.   「学習支援教室の活用」で落ち着く

    8. (2)どの子も「あたたまる」ヨコのかかわり
    9.   「ヨコのかかわり」とは
    10.   ほめる回数を増やしてあたためよう
    11.   「最後はプラスの言葉」であたためよう
    12.   「ふりかえりシート」であたためよう
    13.   その子に寄りそってあたためよう
    14.   集団の力であたためよう
    15.   「ビー玉貯金」であたためよう
    16.   「タイムアタック!」であたためよう
    17.   「クラス会議」であたためよう
    18.   「目標達成法」であたためよう

    19. (3)どの子も「傷つかない」タテのかかわり
    20.   「タテのかかわり」とは
    21.   「傷つける行為」は許さない
    22.   「叱るきまり」で安心・安全を
    23.   叱るときの心がけ
    24.   集団の中での叱り方

    25. (4)どの子も「居場所がある」一人一役活動
    26.   クラスの中に居場所がある
    27.   一人一役の係活動
    28.   一人一役の掃除当番
    29.   一人一役制の生かし方
  4. ■2章・どの子も「わかる」「できる」ための授業づくり
    1. (1)どの子も「わかる」「できる」ための指導計画
    2.   指導計画でその子にあった指導・支援
    3.   「わかる」「できる」につなげる指導計画のコツ

    4. (2)どの子も「わかる」「できる」指導の工夫
    5.   一斉指導に学びやすさを取り入れよう
    6.   授業を分割しよう
    7.   見通しをもたせよう
    8.   学びの動機を用意しよう
    9.   見える・聞こえる環境にしよう

    10. (3)どの子も「わかる」「できる」環境づくりのこれから
    11.   教師主導から児童中心に
    12.   友達支援を生かす
    13.   協同の力を生かす
    14.   マルチ知能を生かす
    15.   自分を生かす
    16.   ハイブリッドの力を生かす
    17.   座席の配置を生かす
  5. ■3章・どの子も「わかる」「できる」授業の実際
    1. (1)「わかる」「できる」授業を支えるアイテム
    2.   やる気を引き出すアイテム
    3.   見通しを持たせるアイテム

    4. (2)分割型授業の実際
    5.   漢字ビンゴ
    6.   漢字クリーナー
    7.   スピード音読
    8.   ダウトをさがせ!
    9.   フラッシュカード
    10.   わたしはだあれ?
    11.   スリーヒントクイズ

    12. (3)ペア学習の実際
    13.   ペア学習テスト
    14.   ペア練習

    15. (4)マルチ知能を生かす授業の実際
    16.   詩のパフォーマンス
    17.   マインドマップ
    18.   マルチ漢字練習
    19.   BGMで集中タイム

    20. (5)協同学習の実際
    21.   ジグソー学習
    22.   特派員

    23. (6)ワークショップ型授業の実際
    24.   MVPはだれだ!
    25.   ライティング・ワークショップ
    26.   文学サークル

→ [学事出版トップページへ]