フィンランド・イギリス・アメリカ教育の成功の秘密

現場教師が見つけた学校再生の決め手

加藤十八 編著
A5判 160ページ 定価(本体1,900円+税)
ISBN978-4-7619-1902-3
小・中・高校管理職,研究者
フィンランド教育、イギリス教育、アメリカ教育の本質は何か。研究者的視点でも評論家的視点でもない、現場教師の視点から3か国の教育をとらえ、日本の教育再生への足がかりを築く。

目次

この本を読まれる皆さんへ
第1部 フィンランドの教育に学ぶ
第1章 フィンランド教育の成功を探る
    ―教員養成の在り方と教師の自由性―……加藤十八
1 フィンランド国家の成立とその発展
2 フィンランドの教育制度
3 教師教育開発の将来展望
4 フィンランドにおける教員養成と教職の評価
5 日本の教育を変える―日本の教師の自由度を高めなければならない
第2章 フィンランドの教育は教師を信頼して成功している
    ―権威と信頼と自己責任の徹底―……山田敏子
1 フィンランドはPISAの成績が良い
2 ヘルシンキ大学教育学部教員養成学校を見る
3 フィンランドの学校改革(School Reform)
4 フィンランドの国家カリキュラム大綱2004年
5 ヨーロッパ連合の教育―R.ディーズEC主席行政官(教育文化担当)に聞く
6 日本の教育を変える―PISAの結果を真摯に受け止め学力の向上を図る
第3章 フィンランドは環境教育で学力を伸ばす
    ―国家の発展に繋がる教科「環境と自然」―……大竹庫一
1 環境教育の意義
2 フィンランドの環境教育への取り組み
3 フィンランドと日本の環境教育
4 日本の教育を変える―わが国は早急に「環境と自然」に関わる科目を
  設けるべきである
第4章 教科指導にもゼロトレランスを!
    ―フィンランド・イギリスの教育を見て―……風間邦治
1 フィンランドの状況―全くの伝統的教育
2 どこの国も規律指導がしっかりしている
3 教科指導のゼロトレランス
4 日本の教育を変える―伝統的な規律指導を図らなければならない
第2部 イギリスの教育に学ぶ
第1章 イギリスの教育は真当である
    ―学力と規律を重んじるグラマースクール―……加藤十八
1 イギリスの教育制度
2 キングエドワードVI世・ファイブウエイズ校の概要
3 キングエドワードVI世・ファイブウエイズ校を見る
4 日本の教育を変える―テストを重視して学力の向上を図らなければならない
第2章 紳士と淑女を育てる国イギリス
    ―紳士たれ!―……宮崎正範
1 イギリスの教育を体験する
2 イギリスの伝統価値を大事にし、向上し続ける学校
  ―キングエドワードVI世学校の取り組み
3 自己向上プロセス/プログラム―生徒も先生もそして学校も向上しなければ
  ならない
4 日本の教育を変える―日本は、国際人としての「日本人」を育てる教育立国
  を目指すべきである
第3章 イギリスの愛国的教育
    ―継承される伝統―……浦瀬奈苗
1 変わりゆく多文化社会
2 イギリスの公教育の変遷
3 継承される伝統教育
4 日本の教育を変える―自虐的歴史観からの脱却を果たすべきである
第3部 アメリカの教育に学ぶ
第1章 アメリカの学校は規律正しい
    ―伝統主義的教育に回帰して教育を建て直した―……加藤十八
1 アメリカの伝統教育
2 20世紀におけるアメリカ教育の変遷
3 教育の建て直し―歴代大統領のリーダーシップ
4 アメリカ教育の現状
5 日本の教育を変える―わが国の教育を当たり前の教育に変えなければならない
第2章 アメリカにおける「生徒の権利保障」と「学校規律の確立」
    ―「生徒ハンドブック」の果たす役割―……野倉正人
1 「生徒ハンドブック」は「生徒の権利保障」の切り札である
2 生徒の権利が明記されている
3 生徒の責任が明記されている
4 懲戒規定が明記されている
5 日本の教育を変える―「生徒ハンドブック」を導入し「法治主義」へ転換する
第3章 米国教員組合の学校規律への取り組み
    ―教員組合の使命とは―……野倉正人
1 アメリカの教員組合―職場環境の向上を重視する
2 日本の教職員組合―日教組も全教もこれでいいのか
3 日本の教育を変える―日本の教職員組合は「学校規律の確立」を提言せよ
第4部 日本の教育再生への提言
第1章 伝統的な当たり前の教育に回帰すべきである
    ―奇妙な観念的教育論から責任の取れる教育論へ―……加藤十八
1 伝統的な教育とは
2 わが国の伝統的教育
3 戦後教育のどこが悪かったか
4 日本教育の現状を考える
5 日本の教育を変える―教育格差をつくるような教育行政を変えるべきである
第2章 国を愛する教育をするべきである
    ―日本人のアイデンティティの確立を目指して―……浦瀬奈苗/宮崎正範
1 日本の教育改革
2 日本の教育の原型
3 日本のアイデンティティ
4 日本の教育を変える―日本の良さを生かす「自由」な教育を展開するべきだ
第3章 「親と教師の役割と義務」を明確にするべきである
    ―モンスターペアレントは教育問題の象徴だ―……福井龍太
1 日本の学校教育にはモンスターペアレントを生み出す素地がある
2 親と教師との問題
3 外国にモンスターペアレントはいるか
4 モンスターペアレントをどのようにしてなくすか
5 日本の教育を変える―学校、教師、父母の役割と義務を明文化するべきである
第4章 教師は学校規律の責任を負う
    ―基本的な規律指導をしっかりと行う―……都築仁美
1 アメリカから学んだゼロトレランス
2 ゼロトレランスが日本の教育にもたらした成果
3 規律が自己責任性を培い自由の概念を育む
4 学校再生の担い手は現場の教員である
5 日本の教育を変える―教師の指導責任をしっかりする

→ [学事出版トップページへ]