新課程に対応

高等学校生徒指導要録記入文例

担任学研究会 編
A5判 160ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-1920-7
高校教師
新学習指導要領に準拠した高等学校生徒指導要録の記入方法を、実際に即した記入例、文例を示しながら提示。特別支援との連携が求められる生徒や、さまざまな事情を抱える生徒への文例も盛り込む。※2012年初版

目次

はじめに
序章 基礎編
 1.生徒指導要録とは何か
(1)指導要録作成の法的根拠
(2)新生徒指導要録の様式の決定
(3)生徒のための生徒指導要録とする立場
 2.指導要録実務の心得
(1)作成者と作成の時期
(2)作成のための準備
(3)作成にあたっての留意点
(4)指導要録の電子化について
第1章 実務編(1)学籍に関する記録(様式1)
 1.記入にあたって
(1)記入の時期
(2)変更事由が発生した場合の処理
(3)誤記の場合の処理
 2.欄外の学年・区分
 3.学籍の記録
(1)生徒の欄
(2)保護者の欄
(3)入学前の経歴の欄
(4)入学・編入学の欄
(5)転入学の欄
(6)転学・退学の欄
(7)留学等の欄(休学を含む)
(8)卒業の欄
(9)進学先・就職先等の欄
 4.学校名・所在地等
(1)学校名・所在地・課程名・学科名の欄
(2)校長氏名印・ホームルーム担当者氏名印の欄
 5.各教科・科目等の修得単位数の記録
 ●コラム1 生徒指導要録記入用アンケート
第2章 実務編(2)指導に関する記録(様式2)
 1.欄外の生徒氏名・学校名等
 2.各教科・科目等の学習の記録
(1)各教科・科目等の欄
(2)評定の欄
(3)修得単位数の欄
(4)修得単位数の計の欄
(5)総合的な学習の時間の修得単位数の欄
(6)小計の欄
(7)留学の欄
(8)合計の欄
(9)備考の欄
(10)その他
 3.総合的な学習の時間の記録
(1)記入の方法
(2)記入文例
 4.特別活動の記録
(1)記入の方法
(2)記入文例
 5.総合所見及び指導上参考となる諸事項
(1)記入の方法・内容
(2)記入上の留意点
(3)記入文例
   1 各教科・科目や総合的な学習の時間の学習に関する所見
   2 行動に関する所見
   3 進路指導に関する事項
   4 取得資格
   5 生徒が就職している場合の事業所
   6 生徒の特徴・特技、部活動・ボランティア活動等の記録
   7 生徒の成長の状況に関わる総合的な所見
 6.出欠の記録
(1)授業日数の欄
(2)出席停止・忌引き等の日数の欄
(3)留学中の授業日数の欄
(4)出席しなければならない日数の欄
(5)欠席日数の欄
(6)出席日数の欄
(7)備考の欄
◆出欠の記録Q&A
第3章 実務編(3)通信制における参考様式と記入例
 1.学籍に関する記録(様式1表面)
(1)整理番号の欄
(2)保護者の欄
(3)入学・編入学の欄
 2.各教科・科目等の修得単位数の記録(様式1裏面)
(1)備考欄の記入例
(2)留意点
 3.指導に関する記録(様式2)
(1)出校の記録の欄
(2)総合所見及び指導上参考となる諸事項の欄
(3)各教科・科目等の学習の記録の欄
 ●コラム2 将来に関するアンケート
第4章 生徒指導要録取り扱い上の留意点
 1.証明書等の作成
 2.進学の場合
(1)調査書の作成
(2)抄本又は写しの作成送付
 3.転学の場合
 4.転入学の場合
 5.学校統合・学校新設等の場合
(1)学校名、所在地の変更として取り扱う場合
(2)転学、転入学として取り扱う場合
 6.退学の場合
 7.編入学の場合
 8.転籍の場合
 9.保存期間
 10.その他
(1)外部への証明
(2)保護者、その他外部からの問合せ
(3)通知表との関連性
(4)電子化に向けての課題
付録
●生徒指導要録のための用語集
●<とじ込み>生徒指導要録の様式例及び記入例

→ [学事出版トップページへ]