日本国際教育学会紀要

「国際教育」第19号

日本国際教育学会 編
A5判 200ページ
定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-7619-2001-2
研究者,教師全般
国際教育に関する学術研究を行なうことを目的とした日本国際教育学会が刊行する紀要。国際(理解)教育の最前線の研究成果を、海外の教育実践を中心に収録。

目次

■研究論文
韓国の高学年児童における英語学習動機に影響を及ぼす要因/林原 慎
日治時期台灣「平埔族」之統治理論中的意義―透過其教科書研究―/日下部龍太
台湾における教員評価に関する考察―「試行」の意義と課題/頼
1940〜1950年代のブータンにおける近代学校の類型とその対照的特徴/平山雄大
■春季研究会推薦論文
ケニアの初等教育における学校効果―居住地・階層別の分析から―/子浦 恵
東南アジアにおけるシク教徒の言語教育―国民教育制度との関係に着目して―/小林忠資
韓国の多文化教育の取り組みと展開―平生教育の実践を中心に―呉 世蓮
ブラジルの公立大学における“クォータ制”の導入に関する一考察/山口アンナ真美
■図書紹介
日本学習社会学会編『学習社会とつながりの再構築』/西井麻美
黒田一雄編『アジアの高等教育ガバナンス』/岡田昭人
■第23回研究大会の記録
  ◇公開シンポジウム
「グローバル時代の魅力ある学校づくり―東アジアの視点から―」
韓国における高等教育の国際化;EMIの役割に注目して/PARK Siheung, Walter A. Foreman
台湾における高等教育の国際化;近年の争点と挑戦/楊 武勳
  ◇課題研究I
   「先住民族の教育権保障に関する国際比較研究(1)
   ―日本とオーストラリアの現状と課題について―」
先住民族の教育権保障に関する国際比較研究の目的、課題及び研究方法/岩崎正吾
大学開放としての札幌大学のウレシパ学習の取り組み―アイヌ民族の若者のエンパワーメントをめざす産学連携のプロジェクト―/前田耕司
Indigenous (Higher) Education in Australia:Problems, Policies, Prospects./Anthony WELCH
Two-Way Bidialectal Education in Western Australia/Patricia KONIGSBERG
  ◇課題研究II
   「東日本大震災における日本在住外国人の対応」
東日本大震災における宮城県の留学生の動きに関する調査研究/大迫章史
災害時のコミュニケーション課題と複言語コミュニケーション教育/松岡洋子
大学は震災にどう対応したか―早稲田大学と「留学生」の選択と行動―/本田竜太郎
  ◇課題研究III
   「グローバル・スタディズ教育の理念と実践」
法学教育におけるグローバル化の課題/豊田哲也
日台高等教育における国際教養教育とグローバル・スタディズ教育の展開/山崎直也
カリキュラムの「国際化・グローバル化」―日米における考え方と取り組み事例/秋葉丈志
■日本国際教育学会関係記事
日本国際教育学会諸規則
日本国際教育学会紀要編集規程(日・英文)
日本国際教育学会投稿要領
日本国際教育学会第23-24期(2013-2015年度)役員一覧
編集後記
日本国際教育学会紀要編集委員会委員・幹事一覧

→ [学事出版トップページへ]