校長の覚悟

学校経営力を高める33のいい話

関根 正明 著
A5判 176ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2053-1
小・中学校管理職
校長に元気がない、やる気を失っているといわれる。その中でも前向きに学校経営に取り組む校長はいる。そんな校長たちのエピソードから学校経営の提要を学ぶ。

目次

  1. はじめに
  2. 第一章 新任校長として荒れた学校で体験したこと
    1. 1 荒れ放題の学校へ飛び込んで
    2. 2 荒れた学校ではじめたこと
    3. 3 荒れの解消につながる“触れ合い”
    4. 4 ツッパリのK子との出会い
    5. 5 できる範囲で実践するしかない実行力
    6. 6 荒れは心の問題、不安定は自身の問題
    7. 7 悪戦苦闘の一年 見えないところで動いていたこと
    8. 8 荒れの改善、その兆し
  3. 第二章 他校の校長の実践から学んだこと
    1. 9 目標を持たせる働きかけ
    2. 10 教職員が“校長の実践”から感じている何か
    3. 11 校長の工夫に教職員が感じたもの
    4. 12 校長の思索ノートに感じるもの
    5. 13 校長自身が実践ノートをオープンにして
    6. 14 研修の雰囲気を高める
    7. 15 自分の実践を語る意味
    8. 16 抜き書きで学んでいる校長
    9. 17 生徒の質問に正対する校長
    10. 18 校長の評判というもの
  4. 第三章 所属教職員のみた校長……
    1. 19 J校長の人柄を語る教師たち
    2. 20 話のネタから垣間見られる校長像
    3. 21 「話し合いのきっかけ」を書く校長
    4. 22 ワークショップ型体験を実現させた校長
    5. 23 書きなれノートを勧めてくれた校長
    6. 24 ボランティアの心…校長の“こだわり”
    7. 25 教師間の相談体制をつくる校長の働き
  5. 第四章 校長の教育哲学…思索の基盤が感じられたエピソード…
    1. 26 P校長の心機一転
    2. 27 Q校長の生き方作法・講話作法
    3. 28 R校長の人間観、人間関係観
    4. 29 S校長の学校運営観と他人に勧める生き方
    5. 30 T校長の教育、その基本になる考え
    6. 31 U校長の「書は汝なり」
    7. 32 V校長の“私を育ててくれたもの”
    8. 33 W校長の「自分自身の学習」
  6. おわりに

→ [学事出版トップページへ]