特別支援教育ONEテーマブック5

特別支援学級の異学年・小集団指導のポイント

青山新吾 編著
A5変型判 104ページ 定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-7619-2078-4
小・中学校教師
特別支援学級には、小集団である、異学年の子どもたちで編成されている等、特徴的な事柄があります。本書は、特別支援学校の実践を参考にしながらも、小学校、中学校にある特別支援学級ならではの発想で展開している実践を紹介します。

目次

    刊行にあたって
    はじめに
    1章 特別支援学級の現実
     1.激増する特別支援学級
     2.特別支援学級での暮らし
    2章 特別支援学級における異学年・小集団指導のシステムづくり
     1.システムの考え方・つくり方〈小学校その1〉
    (1)時間の構造化
    (2)場の構造化
    (3)「交流及び共同学習」で・学校内全体で
     2.システムの考え方・つくり方〈小学校その2〉
    (1)小集団学習の時間をつくろう
    (2)みんな一緒にいて、椅子に座るところから始めよう
    (3)小集団学習で大事にしたいこと
     3.システムの考え方・つくり方〈中学校〉
    (1)どちらをとる? 個のよさ・集団のよさ
    (2)将来像をイメージする
    (3)異学年・小集団指導を機能させるために
    3章 異学年・小集団指導のポイント
     1.学級開き〈小学校〉
    学級開き〈中学校〉
     2.朝の会・帰りの会活動
     3.休み時間〈小学校〉
    休み時間〈中学校〉
     4.学級会
     5.給食
     6.参観日〈小学校〉
    参観日〈中学校〉
     7.行事〈小学校〉
    行事〈中学校〉
     8.教科指導
    (1)授業システム
    (2)わたり方
    (3)教室環境〈小学校〉
       教室環境〈中学校〉
    (4)国語〈小学校〉
       国語〈中学校〉
    (5)算数〜「お買い物ごっこ」で計算・お金の学習〜
    (6)生活単元〜「お誕生日会」をしよう〜
     9.自立活動 その1
    自立活動 その2
    自立活動 その3〜心のコントロール力をつけよう〜
    おわりに

→ [学事出版トップページへ]