日本教師教育学会年報
日本教師教育学会年報 第23号(2014年版)

日本教師教育学会 編
B5判 216ページ 定価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-7619-2080-7
大学教員

日本で唯一の教師教育に関する学会の研究論文集。理論と実践がバランスよく収録された研究紀要。




1 特集「教師教育の“高度化”を考える」
◇「日本教師教育学会年報」第23号特集を企画するにあたって
私立大学から見た教員養成改革議論と教職課程の質向上及び高度化の方策/森田真樹
教員養成の高度化と教師の専門職像の再検討/石井英真
高度専門職化と〈考える教師〉―教師文化論の視点から―/紅林伸幸
子どもの権利保障の課題の観点からの教師教育の「高度化」/土屋基規
教師の熟達化過程と教師教育の“高度化”―学習科学の視点から―/三宅なほみ
教師教育の「高度化」と学生の成長過程―学生の在学中の成長過程―/福島裕敏
教師教育の“高度化”―専門職における教師教育の現状:医学教育/伴 信太郎
教職員研修機関における教師教育の“高度化”とは/古閑千尋
戦後教員養成政策の変遷から見た教師教育の“高度化”/磯田文雄
ヨーロッパにおける教師教育の動向―ドイツの事例を中心にして―/木戸 裕
教師教育の高度化とその課題―アメリカにおける取組みから―/牛渡 淳
新人教員教育における論点と展開の可能性―イングランドの‘Masters in T
eaching and Learning’に関する複眼的考察―/山中一英
2 研究論文
保護者参加における教師の専門性に関する考察/大日方真史
教師教育の高度化における「知」の問題―教師に求められる「知」の構造とその協同的性格―/走井洋一
資質と能力の不可分性について―「教員の資質能力」向上の議論の特徴と課題/山辺恵理子
3 実践研究論文
教師が児童生徒を理解するために有用な発達障害に関する説明概念の構築/稲垣智則
4 研究・実践ノート
教員の社会的地位の国際比較―トップは中国〜バーキーGEMS財団の調査結果から〜/孫 群■(女へんに冊)
5 書評・文献紹介
<書評>
佐藤幹男著『戦後教育改革期における現職研修の成立過程』/北神正行
蓮尾直美・安藤知子編『学級の社会学―これからの組織経営のために―』/増田修治
<文献紹介>
子安 潤著『リスク社会の授業づくり』/二宮衆一
岩田康之・別惣淳二・諏訪英広編『小学校教師に何が必要か―コンピテンシーをデータから考える』/中妻雅彦
教育科学研究会編『いじめと向きあう』/山下雅彦
6 第23回大会の記録
【シンポジウム】
教師教育における実践的指導力について考える
【課題研究I】
教師教育研究の国際化(II)―教師教育の実践と研究方法上の課題―
【課題研究II】
教師教育研究の課題と方法
【課題研究III】
教師教育の高度化―大学院における高度専門職養成の在り方を考える―
7 日本教師教育学会関係記事
(1)日本教師教育学会第8期(2011.09-2014.定期総会)役員・幹事等一覧
(2)日本教師教育学会2013年度研究活動報告
(3)日本教師教育学会会則
(4)日本教師教育学会役員選出規程
(5)日本教師教育学会年報編集委員会関係規程等
(6)日本教師教育学会申し合わせ事項
(7)日本教師教育学会入会のご案内
〔編集後記・年報第23号第8期編集委員会活動記録〕

 

→ [学事出版トップページへ]