授業づくりネットワークNo.18

いじめと授業。

年4回刊行
ネットワーク編集委員会 編
B5判 96ページ 定価(本体1,400円+税)
ISBN978-4-7619-2121-7 教師全般
いじめの撲滅はできないが、リスクを大幅に減らすことはできる。日常の授業をいじめを抑止する授業へ。NPOとのつながり、学校を超えたつながりによるいじめ抑止の授業。両者からこれからのいじめ防止の授業をつくる。

目次

  1. 【巻頭特別対談】ぼくたちは、いじめ事件の教訓をなぜ活かせないのか。
    1. 鳥越規央(統計学者)×吉田 順(「生徒指導」ネットワーク主宰)


  1. 【特集】いじめと授業。
    1. いじめ防止対策と授業づくりの今―異質原理にもとづく授業へ―/藤川大祐
    2. NHK『いじめをノックアウト』の舞台裏/飯塚喜大
    3. 「ストップいじめ! ナビ」の挑戦/荻上チキ
    4. 遺族とともに活動するNPO法人が提案するいじめ防止授業/武田さち子
    5. いじめについての基本認識/内藤朝雄
    6. いじめを生まない未然防止・予防開発アクティビティー「かわさき共生*共育プログラム」/小川俊哉
    7. 「LINEで悪口を書かない」という指導でよいのか―情報モラル授業で「ネットいじめ」を考える―/塩田真吾
    8. 弁護士によるいじめ予防授業の取り組み/橋詰 穣
    9. いじめをしない練習―六つのいじめの種を発見する―/千葉孝司
    10. いじめの本質にせまる授業/苫野一徳
    11. いじめ問題の再考察―アメリカ合衆国の事例・予防対策を通して―/三津村正和


  1. 【誌上レポート】発達障害といじめ―特別支援カフェ拡大版―


  1. 【クロスレビュー】いじめと授業を学ぶ本
    1. エミリー・バゼロン(高橋由紀子訳)『ある日、私は友達をクビになった―スマホ世代のいじめ事情』:池田 修×佐瀬順一
    2. 柴田愛子、青山 誠『子どもたちのミーティング―りんごの木の保育実践から』:阿部 学×藤原由香里


  1. 【連載】
    1. ●AKB48の体験的学校論
      1. 茂木 忍(AKB48)
    2. ●これだけは知っておきたい! 教育実践史 No.2
      1. 岸本裕史の学力実践に学ぶ〜見える学力と見えない学力〜/佐内信之
    3. ●今号は、間に合うのか No.2
      1. 自己検閲の向こう側/石川 晋
    4. ●教師のためのスマホ・タブレット活用術 No.2
      1. 授業で活用! はじめの一歩〜まずは教室で提示用機器として使ってみよう〜/阿部隆幸
    5. ●公と私のあいだを生きる
      1. ときめきの力を求めて/花形一実
    6. ●実践でわかる! アクティブ・ラーニング
      1. 人間について/尾形英亮


  1. 【あすの授業】
    1. 国語/小出 潤 数学/荻無里広造

→ [学事出版トップページへ]