本気の教育改革論

寺脇研と論客14人が語るこれからの教育

寺脇 研 編
四六判 272ページ 定価(本体1,900円+税)
ISBN978-4-7619-2273-3
その他一般
「橋下教育改革」、教育再生実行会議と「安倍教育改革」、道徳の教科化、キャリア教育、高校改革、大学改革、グローバル人材、教育委員会制度見直し、探究型学習、シティズンシップ教育、アクティブラーニング…。近年の教育改革をめぐって、前川喜平氏をはじめ現場・行政・研究者14人と寺脇研が熱く語る。

目次

はじめに 寺脇研
○冒頭特別企画 教育改革の本質を問う
前川喜平(文部科学事務次官)×寺脇研
○第1章 コミュニケーション力とは何か
平田オリザ(劇作家・演出家)×寺脇研
○第2章 民主党政権が目指したこと
鈴木寛(文部科学大臣補佐官・元文部科学副大臣)×寺脇研
○第3章 大阪の教育改革
藤原和博(奈良市立高等学校長・元大阪府知事特別顧問)×寺脇研
○第4章 教育再生実行会議の論理
貝ノ瀬滋(教育再生実行会議委員・前三鷹市教育委員長)×寺脇研
○第5章 今、組合は
加藤良輔(前日本教職員組合中央執行委員長)×寺脇研
○第6章 文科行政のこれまでとこれから
徳永保(筑波大学教授/学長特別補佐)×寺脇研
○第7章 文科行政の現場は今
浅田和伸(文部科学省大臣官房審議官)×寺脇研
○第8章 子どもの今をめぐって
汐見稔幸(白梅学園大学学長)×寺脇研
○第9章 安倍「教育再生」を振り返って
広田照幸(日本大学教授・日本教育学会会長)×寺脇研
○第10章 キャリア教育の推進をめぐって
児美川孝一郎(法政大学教授)×寺脇研
○第11章 アクティブ・ラーニングが切り開く未来
本間正人(京都造形芸術大学教授/副学長)×寺脇研
○第12章 高校改革の論点は
荒瀬克己(大谷大学教授)×寺脇研
○第13章 若者の可能性
今村亮(認定特定非営利活動法人カタリバ)×寺脇研

→ [学事出版トップページへ]