子どもの変化に気づくセンスの磨き方

ケースで学ぶ児童理解&指導の必修ポイント

未来の子どもを育む会 著
二宮龍也・小沼 肇 編著
A5判 136ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2321-1
小学校教師
教師のセンスが光る児童指導は日々の心得にあり! 子どもの少しの変化を見つけ、原因を探り、健全な姿に導こうとするのが本書のねらいです。問題行動の未然防止と初期対応のセンスとスキルを磨く必修ポイントを事例で解説。

目次

まえがき
第1章 毎日の児童理解&指導の心得
1 子どもの変化を見抜くスキル
2 児童指導のセンスの磨き方
3 わかる授業
第2章 未然防止と初期対応を支えるセンスとスキル
1 子ども対応
2 保護者対応
3 同僚対応
第3章 ケースで学ぶ 児童理解&指導の必修ポイント
1 学級崩壊
2 いじめについて考える
3 不登校について考える
4 クレームについて考える
5 日常と違う行動
6 朝の会・帰りの会の活用
7 保健室の姿
8 養護教諭の学校での役割
9 養護教諭と学級担任の連携
10 日常の生活から見えるもの
11 ほめる・しかる
12 自己実現をはかる
13 感動を与える
14 認めて許す
15 成長のためのモデル(教師が見せる人間像)
16 保護者との信頼関係の築き方
17 個育
18 母子関係をとらえる
19 障害がある子どもたちからのサインを感じるために
20 障害がある子どもたちとかかわるために
21 現代社会と子ども
第4章 子どもらしさの追求
1 子ども同士のつながりを構築していきたい
2 個々の子どもの良さを認め合える集団を作る
あとがき
執筆者紹介

→ [学事出版トップページへ]