全時間の授業展開で見せる「考え、議論する道徳」中学校

山中伸之 編集代表・
神部秀一・塚田直樹 編著
B5判 128ページ 定価(本体2,300円+税)
ISBN978-4-7619-2379-2
中学校教師
「特別の教科 道徳」の全時間分の授業実践集! 「考え、議論する道徳」づくりの具体例、板書案、各授業での評価のポイントを提案。授業で使えるラベル、イラスト、ワークシート、評価記入文例を収録したCD-ROM付。

目次

この本の使い方
はじめに
part1 「考え、議論する道徳」とは
  ■「特別の教科 道徳」になると、何が変わるのか
1 「道徳の時間」が「特別の教科 道徳」として位置付けられる
2 学校における道徳教育の目標と特別の教科道徳の目標が同じになる
3 道徳科の授業で扱う内容項目に変更がある
4 「考え、議論する道徳」へ転換する
5 記述式の評価を行う
6 検定教科書が導入される
  ■考え、議論する道徳とは
1 読み物道徳からの脱却
2 道徳授業の質的転換
  ■読み物教材の登場人物への自我関与が中心の学習とは
1 ねらい・留意点など
2 主な発問例
  ■問題解決的な学習とは
1 ねらい・留意点など
2 主な発問例
  ■道徳的行為に関する体験的な学習
1 ねらい・留意点など
2 指導の効果
part2 全時間の授業展開で見せる「考え、議論する道徳」
わたしたちの「撮る教室」
saying この人のひと言
高い買い物
調和のある生活を送る
「偏愛」を通して自分を知る
自分を見つめ個性を伸ばす
屠龍の技(とりょうのぎ)
目標を目指しやり抜く強い意志を
iPS細胞で難病を治したい―山中伸弥
左手でつかんだ音楽
軽い優しさ
帰郷
言葉惜しみ
日本の伝統に息づく礼儀/外国の礼儀・マナー
いつも一緒に
励まし合い高め合える生涯の友を
自分らしさ―松井秀喜
言葉の向こうに
招集通知―あなたが裁判員になるとき
二通の手紙
渡良瀬川の鉱毒
卒業文集最後の二行
楽寿号に乗って
鳩が飛び立つ日
たんぽぽ作業所
加山さんの願い
家庭でのコミュニケーション
誰かのために
席がえ
旅立ちの日に
地域の伝統芸能
金閣再建―黄金天井に挑む―
古都の雅、菓子の心
いただきます・ごちそうさま
命見つめて
海と空―樫野の人々―
ある青年の死
家族待つ男児の遺骨 震災半年 どんなに寂しかろう
自然との調和
小寺卓矢『森のいのち』『いっしょだよ』『だって春だもん』
夜は人間以外のものの時間
私たちのために地球という星があるわけではありません。
足袋の季節
二人の弟子
巻末資料
付録:評価記入文例
おわりに

→ [学事出版トップページへ]