「社会に開かれた教育課程」のカリキュラム・マネジメント

学力向上を図る教育環境の構築

山﨑保寿 著
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2396-9
小・中・高校管理職
平成期における教育経営・教育政策の推移をまとめ、カリキュラム・マネジメントを視点にした「社会に開かれた教育課程」の在り方を展望する。

目次

はじめに
I 新学習指導要領が目指す「社会に開かれた教育課程」の重要性
  1 「社会に開かれた教育課程」の背景には何があるか
(1)「予測困難な時代」の到来
(2)「隠れた教育問題」としての人口減少問題
(3)「社会に開かれた教育課程」は社会総がかりの対応で
  2 「社会に開かれた教育課程」の3条件
(1)「社会に開かれた教育課程」の理念
(2)「社会に開かれた教育課程」3条件の内容
  3 「開かれた学校づくり」の概念との違い
(1)「開かれた学校づくり」の考え
(2)「開かれた学校づくり」から「社会に開かれた教育課程」へ
  4 カリキュラム・マネジメントの重要性
(1)「社会に開かれた教育課程」のカリキュラム・マネジメント
(2)カリキュラム・マネジメントの機能を生かす
II アクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメントの効果的導入
  1 カリキュラム・マネジメントが重視される背景
  2 カリキュラム・マネジメントに関する先行研究および実践における階層的構造
(1)カリキュラム・マネジメントに関する先行研究の状況
(2)カリキュラム・マネジメントの実践における階層的構造
  3 アクティブ・ラーニングの定義と導入の経緯
  4 アクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメントの連動
  5 事例的考察と本章のまとめ
(1)事例校Sにおけるアクティブ・ラーニングの実践
(2)事例校Hにおけるアクティブ・ラーニングの実践
(3)効果的な連動的導入に関する要因―本章の結論として―
III 学校の教育課程とカリキュラム・マネジメント
  1 学校教育におけるカリキュラム開発
(1)学校教育とカリキュラム
(2)カリキュラム開発の定義
(3)学校に基礎を置くカリキュラム開発
  2 カリキュラム・マネジメントの現代的意義
(1)カリキュラム・マネジメントの定義
(2)カリキュラム・マネジメントの必要性
(3)カリキュラム・マネジメントによる創造性と可能性
(4)教科横断カリキュラムの今日的意義
(5)教科横断カリキュラムに関する研究課題
  3 教育環境とカリキュラム開発―「社会に開かれた教育課程」の視点―
(1)地域とカリキュラム開発
(2)地域と連携したカリキュラム開発の視点
(3)高等学校におけるカリキュラム開発
  4 教育評価とカリキュラム評価の展望
(1)教育評価の区分と対象
(2)カリキュラム評価の重要性
IV カリキュラム・マネジメントを中軸にした学力向上
  1 カリキュラム開発のもつ意味とその方向
  2 学習指導要領の改訂に関わるカリキュラム・マネジメントの課題
(1)学校において編成する教育課程
(2)校内研修と連動したカリキュラム開発・マネジメント
  3 学校の経営ビジョンに対応したカリキュラム・マネジメント
(1)学校の経営ビジョンとグランドデザイン
(2)カリキュラムの点検・評価と指導の改善
V 校内研究体制の充実による学校づくりとカリキュラム・マネジメント
  1 カリキュラム・マネジメントの重要課題としての学力向上
  2 事例1―上田市立S小学校における校内研究とカリキュラム・マネジメント―
  3 事例2―長野市立Y中学校における校内研究とカリキュラム・マネジメント―
  4 学力向上のための校内研究体制の条件
  5 学力向上要因としての校内研究体制の条件
VI カリキュラム・マネジメントに必要な組織的要因と学力向上
  1 カリキュラム・マネジメントを推進する学校組織
  2 学力向上への多層的位相
  3 全国学力・学習状況調査と検証改善サイクルの構築
  4 御前崎市学校改善支援プログラムの事例
  5 学力向上を目指した学校の組織力
  6 学校の組織力を高めるファシリテート機能
  7 学力の向上と学校の組織力
VII 学校管理職の役割とカリキュラム・マネジメントの推進
  1 校長の経営力量とカリキュラム・マネジメント
(1)高まる校長の経営力量への期待
(2)校長の経営ビジョンの明確化
(3)学校全体を動かす校長の経営力量
(4)学校グランドデザインの指針化
  2 副校長・教頭の補佐的役割とカリキュラム・マネジメント
(1)副校長・教頭の機能の両面
(2)補佐機能と調整機能の関係
(3)副校長の役割
(4)教頭の役割
  3 主幹教諭・指導教諭の実務的役割とカリキュラム・マネジメント
(1)主幹教諭の役割
(2)指導教諭の役割
VIII カリキュラム・マネジメントの促進と今後の展望
  1 我が国全体におけるカリキュラム開発の促進
(1)教育振興基本計画の策定による影響
(2)学習指導要領の改訂を踏まえた内発的改善志向の重要性
(3)新しい学習評価とカリキュラム・マネジメント
(4)思考力・判断力・表現力等を評価する方法としてのルーブリックの活用
  2 全国学力・学習状況調査とカリキュラム・マネジメントへの影響
(1)全国学力・学習状況調査の動向
(2)知識基盤社会への対応と対象教科の追加
  3 今後におけるカリキュラム・マネジメントの発展と展望
(1)学校づくりとカリキュラム・マネジメントに関する留意点および今後の展望
(2)ナレッジ・マネジメントの活性化
付録 新学習指導要領時代を読み解くキーワード集

→ [学事出版トップページへ]