地域×学校×退職者×大学生×…=∞

地域学校協働活動参加のすすめ

潮田邦夫・中野綾香 編著
四六判 160ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2404-1
小・中学校管理職
地域と学校が連携すればみんな楽しくなる! 元NTTドコモ役員と東大院生が中心となって進めた三砂中の実践を中心に、地域と学校の連携の新たな在り方を提案する。

目次

まえがき
プロローグ 学校支援活動「スタートチェック」
第1章 「らしくない」学校支援活動―従来の枠を越えた「三砂中支援の会」の魅力―
1 にぎやかで自由な学びの空間―新しい学習支援の在り方―
2 自分が活躍する場としてのボランティア活動
3 子どもの笑顔の秘密―あふれる笑顔が学びにつながる―
4 ボランティア参加者がボランティアを続けたくなる理由
5 ボランティアへの一歩を踏み出そう
【コラム1】学校支援組織立ち上げから現在まで
「子どもの居場所を大切にする学校支援組織の立ち上げ方」
第2章 「らしくない」学校支援が学びを変える
1 「らしくない」とは?
2 「教育委員会発」ではない「地域発」の活動―地域住民が主導する学校支援地域本部の立ち上げ―
3 常識にとらわれない地域コーディネーター・ボランティアの構成―地域住民×大学生×企業人という今までにない多様性―
4 学習支援の場が居場所となる
【コラム2】管理職が語る学校支援活動の魅力1
「地域と共にカタチづくる学校の在り方」
第3章 学校支援活動は難しくない―学校支援地域本部設立のための13のギモン―
1(地域から)「学校支援を一から始めるにはどうしたらよいでしょうか」
2(学校・地域から)「興味はありますが、新しいことを始めると拘束時間が増えそうで不安です」
3(地域から)「卒業以来、学校とはかかわりのない人生でしたが、学習支援に興味があります。学校支援地域本部に立ち上げに向けて、学校への相談はどうすればよいでしょうか」
4(地域から)「学校支援地域本部を設置した後、学校との活動の擦り合わせをどうすればよいでしょうか」
5(学校・地域から)「相手方の意見に賛成することができません。その場合どうしたらよいでしょうか」
6(学校・地域から)「学校支援ボランティアを入れることで、誰でも学校に入ってきやすくなり、子どもの安全管理が難しくなるのではないでしょうか」
7(地域から)「取り組みたい学校支援活動がありますが、学校の要請があるまでは提案を待ったほうがよいでしょうか」
8(学校・地域から)「地域コーディネーターは、学校と地域とをつなぐ役割を担うと聞きますが、この人材をどのように確保すればよいでしょうか」
9(地域から)「地域コーディネーターになりましたが、何をしたらよいか分かりません」
10(学校・地域から)「学校支援ボランティアはどのようにして集めればよいでしょうか」
11(地域から)「学習支援の内容はどうすればよいでしょうか」
12(地域から)「昔の教え方や学習指導要領しか分かりませんが、学習支援に参加することは可能でしょうか」
13(学校・地域から)「学校支援活動中に生じたトラブルには、どのように対処すればよいでしょうか。また、責任の所在はどうなりますか」
【コラム3】管理職が語る学校支援活動の魅力2
「参加者全員にメリットのある学校支援活動」
第4章 みんなが得する「三方よし」のカタチ―学校支援活動が各々にもたらすメリット―
1 「三方よし」
2 学校と子どもが得するカタチ
3 地域コーディネーターとボランティア参加者が得するカタチ
【コラム4】地域コーディネーターが語る学校支援活動の魅力
「子どもと共に学びの楽しさを味わう」
第5章 「地域×学校」は大きな教育効果をもたらす!
1 アンケート調査からみる「地域×学校」の効果
2 学校・保護者の協働活動の促進
【コラム5】実践者が語る学校支援活動の魅力1
「家庭と学校をつなげる情報の役割」
第6章 もう一歩発展させたい方々のために
1 学校支援活動の道のりはステップ・バイ・ステップ
2 図書室開放で居場所づくり
3 考査前学習でテスト対策
4 「英検・漢検チャレンジ」で発展問題に挑戦
5 キャリア教育で勉強の意義を知る
6 地域イベントで地域住民と交流
【コラム6】実践者が語る学校支援活動の魅力2
「無理なく、楽しく活動する」
第7章 「地域×企業」が学校の刺激になる―企業退職者が「地域×学校」の効果を促進させる―
1 企業退職者がなぜ必要なのか
2 なぜ企業退職者が注目されるのか
3 企業退職者がかかわるとこんなに変わる!
4 企業退職者はどうやって活動に参加していくか
【コラム7】
「振り返ったらそこに『地域』がある」
エピローグ オリジナルの学校支援の場をつくる―新たな学校支援活動への4つの提案―
【提案I―企業退職者へ】退職、第二の人生、ゴルフ三昧ではもったいない!
【提案II―大学生へ】大学生は暇? 活躍する場はたくさんある
【提案III―先生方へ】「勉強だけが子どもの仕事? たくさんの経験から視野を広げてみよう
【提案IV―学校へ】「地域×企業」による学校支援活動が、多忙感解消の糸口となる
あとがき
付録 学校と地域の連携を知るための資料とキーワード

→ [学事出版トップページへ]