ささいな問題を大きなトラブルに発展させない学級対応事例45

重水健介 著
四六判 192ページ 定価(本体1,700円+税)
ISBN978-4-7619-2489-8
小・中学校教師
学校の1日を見渡して「ささいな問題だが何か気になる。見過ごしたり、対応を誤ったりすれば大きなトラブルに発展するのではないか」という事例を、「学校生活」「学級活動・諸活動」「授業」の3領域から45の場面を取り上げ、教師の対応を解説。若手担任にお勧めの一冊。

目次

はじめに
第1章 学校生活の中で
1 下足箱の靴が隠されていた
2 頻繁に保健室に行きたがる
3 教師の声かけを無視する
4 机の周りに道具が散乱している
5 人を不快にする言動が多い
6 休み時間にいつも一人でいる
7 普段は仲の良い二人が口論をしていた
8 子どもたちに起きている問題を知る手立て
9 叱っても効き目のない子をどう叱るか
10 本人は「何でもない」と言うが欠席が目立つ
11 教師の「誰にも言わないから」という約束は守るべきか
12 昼休みに廊下でボール遊びをしていた
13 休み時間に隠れて菓子を食べていた
14 休み時間に上級生が廊下に来て威圧する
15 父親から暴力をふるわれていた
第2章 学級活動・諸活動の中で
16 朝読書が始まっても廊下でしゃべっている
17 担任が行くまで朝の会が始まらない
18 女子がグループ化して、周りが近寄りにくい
19 掃除をまじめにしない
20 給食のマナーが悪い
21 欠席者を尋ねても全員が無関心
22 班活動で男女が席を近づけようとしない
23 「男子がうるさいから席替えして」と言ってきた
24 放課後の学級活動に部活を理由に参加しない
25 帰りの会がざわついて自分たちで進行できない
26 代教で学活に行った教師に暴言を吐いた
27 給食担当の教師から「残食が多い」と言われた
28 転校生を受け入れるとき、どんな配慮が必要か
29 班編成で、どの班にも入れない生徒が出た
30 学活の時間に教室を抜け出す生徒がいる
第3章 授業の中で
31 授業中、居眠りをしている
32 教科書や文具の忘れ物が多い
33 テストでカンニングがあったようだ
34 授業なのに教室に入ろうとしない
35 授業中、着信音が鳴った
36 授業中に手紙を回していた
37 授業のプリントがゴミ箱に捨ててあった
38 授業中、間違えた発表をばかにして笑った
39 命の尊さを話していると数人が笑った
40 教科担任から「あの子は困った生徒だ」と責められた
41 授業中、突然キレる生徒がいる
42 学期末の授業をどう締めくくるか
43 「なぜ勉強するのですか」と質問された
44 「テストのコツを教えて」と言われた
45 家庭学習を全くせず、宿題忘れが改善されない

→ [学事出版トップページへ]