Q&Aでよくわかる

学校事故の防止と安全・防災対策の進め方

現代学校事務研究会 編・川崎雅和 著
A5判 144ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-2536-9
学校事務職員,小・中・高校管理職
年間100万件以上とも言われる学校事故の発生原因を探り、防止の手だてはどうあるべきかを追究。安全な学校づくりのポイントを解説した。

目次

はじめに
<第1部 学校施設の安全追求>
Q1 事故はどのような場面、どのような場所で発生しやすいのですか
Q2 転落事故を防止するための留意点を教えてください
Q3 プール飛び込み事故防止の留意点を教えてください
Q4 安全に配慮したプールの構造や設備のあり方を教えてください
Q5 ガラスによる事故を防止するための留意点を教えてください
Q6 運動場や体育館での事故防止の留意点を教えてください
Q7 床や壁、天井などの安全配慮を教えてください
Q8 階段での事故防止の留意点を教えてください
Q9 廊下での事故防止の留意点を教えてください
Q10 教室の出入り口や校門の安全配慮を教えてください
Q11 トイレの安全配慮を教えてください
Q12 遊具に起因する事故防止の留意点を教えてください
Q13 学校のバリアフリー化はどのように進めるべきでしょうか
<第2部 活動場面ごとの事故防止を考える>
Q14 体育学習での事故防止の留意点を教えてください
Q15 理科実験での事故防止の留意点を教えてください
Q16 理科薬品の安全管理について教えてください
Q17 図工、技術、家庭科学習での安全配慮を教えてください
Q18 学習家具にはどのような安全配慮が求められるのでしょうか
Q19 動物飼育における安全対策を教えてください
Q20 鳥インフルエンザ対策の立て方を教えてください
Q21 休み時間や清掃活動中の事故防止の留意点を教えてください
Q22 安全に配慮した校庭緑化の進め方を教えてください
Q23 課外活動中の事故防止の留意点を教えてください
Q24 学校給食の安全配慮事項を教えてください
Q25 運動会などの行事における事故防止の留意点を教えてください
Q26 校外学習での安全配慮を教えてください
Q27 登下校路の安全配慮を教えてください
Q28 安全教育はどのように進められるべきでしょうか
<第3部 災害への備え>
Q29 地震や風水害などの災害に対し、学校はどのような備えをしなければならないでしょうか
Q30 校舎の耐震補強はどのように進められているのですか
Q31 天井などの非構造部材の耐震補強はどのように進めるべきでしょうか
Q32 ブロック塀など、校地まわりの施設・設備の改修はどのように進めるべきでしょうか
Q33 学校には災害避難施設として、どのような備えが求められるのでしょうか
Q34 避難所運営から学習活動再開へのプロセスはどのように描けばよいのでしょうか
Q35 備蓄倉庫にはどのような物が備えられるべきでしょうか
Q36 避難拠点としての学校にはどのようなトイレの備えが求められるのでしょうか
Q37 学校の防犯体制はどのように築かれるべきでしょうか
<第4部 安全点検と賠償責任>
Q38 学校職員による安全・防災点検はどのように進められるべきでしょうか
Q39 法令等に基づく専門家の安全点検の進め方を教えてください
Q40 子どもたちや保護者による安全チェックも必要ですか
Q41 学校の安全・防災の推進を定めている法令を教えてください
Q42 学校事故の責任はどのように取られるのでしょうか
<参考資料>
1.学校保健安全法(抜粋)
2.小学校施設整備指針(抜粋)
3.学校施設バリアフリー化推進指針(抜粋)
4.防災基本計画 平成30年6月29日 中央防災会議決定(抜粋)
5.第2次学校安全の推進に関する計画(概要) 平成29年3月24日 閣議決定

→ [学事出版トップページへ]