アナザーストーリーの社会科授業

異なる立場から多角的に考える力を育てる

粕谷昌良 著
A5判 156ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2545-1
小学校教師
社会事象を一人の中心人物の視点で学ぶ「ストーリー」のあと、別の立場や視点から見直す「アナザーストーリー」を学ぶことで、多角的な視点で社会事象を理解し、考える力がつく社会科授業を解説。

目次

はじめに
第1部 多角的に考える力をつけるアナザーストーリーの社会科授業づくり
第1章 深い学びを実現する「多角的なものの見方」とは
1.社会科って何を学ぶのかな?
2.進んで社会に関わろうとする力
3.「進んで社会に関わろうとする気持ちと力を育てる授業」とは?
4.「深い学び」を実現する、多角的なものの見方
5.プロジェクト型学習の効果
6.深い学びを生み出す、アナザーストーリーの社会科授業
7.アナザーストーリーの社会科授業の構造
8.どうして「ストーリー」なのか
第2章 アナザーストーリーの社会科授業を創り出す
1.教材を見つける
(1)新聞から情報を得る
(2)私の新聞切り抜き術
2.取材をする
(1)取材で芽生える「教えたい!」と思う気持ち
(2)アポイントメントをとる
(3)取材のための準備と取材の姿勢
(4)取材で注意したいこと
3.単元の構成を考える
(1)問題の構造を考える
(2)2つの価値の対立
(3)ストーリーとアナザーストーリーを作る
   1 道徳のような社会科授業と言われた経験
   2 悪者はつくらない
(4)単元構成の整理
第3章 深い学びを実現する授業と学級を創る
1.発信できる子どもを育てる
2.授業と授業の間を生かす
3.資料作り
(1)取材のインタビューをまとめた資料「インタビュー記事」
(2)一見して理解できる文章資料「見る読み物資料」
4.授業に臨む
(1)板書計画
(2)「新たな視点を示す発問」と「深める発問」
第2部 アナザーストーリーの社会科授業の進め方
第1章 3年 お店の工夫〜スーパーさいち人気の秘密に迫る!〜
1.子どもたちが大好きなお店の学習と「工夫・努力」
2.目に見えにくい社会科学習の成果
3.教材としての「さいち」の魅力
4.授業の計画
5.授業の実際
(1)「起」「承」 身近なスーパーのストーリー
(2)「転」 アナザーストーリーへ
(3)さいちの秘密を解き明かせ?
(4)「結」 身近なスーパーとの比較
第2章 4年 くらしを支える水道〜おいしい「東京水」を支える市民ボランティア森林隊〜
1.新しい学習指導要領と多角的なものの見方・考え方
2.教材について
(1)「日本一まずい」から「日本一うまい」へ
(2)高度浄水処理の驚きの事実
(3)驚きの連鎖
3.単元の計画
4.授業の実際
(1)「起」 おいしい「東京水」との出会い
(2)「承」 おいしい「東京水」の秘密を探れ!
   1 高度浄水処理の見学
   2 日本一まずい水から、日本一おいしい水へ
(3)「転」 荒川と多摩川 2つの物語
   1 高度浄水処理は荒川の水でしか行われていない!多摩川の水は?
   2 多摩川の水を追跡!
   3 多摩川水道水源林を管理する奥多摩水源森林隊
(4)「結」 私たちの「東京水」を支えるもの
第3章 5年 もう一つの谷中村〜足尾銅山鉱毒事件にまつわるアナザーストーリー〜
1.単元について
(1)日本最初の公害「足尾銅山鉱毒事件」と田中正造
(2)正造のストーリーと正造の周りの人々のアナザーストーリー
2.指導計画
3.授業の実際
(1)「起」 日本一大きなハート「渡良瀬遊水地」との出会い
   1 ねらい
   2 本時の展開
   3 実際の授業の様子
(2)「承」 渡良瀬遊水地と田中正造
(3)「転」 もう一つの谷中村 北海道の栃木
(4)「結」 北の大地で輝いた人々
第4章 6年 聖武天皇がめざしたもの 行基がめざしたもの〜大仏建立にまつわるアナザーストーリー〜
1.新しい学習指導要領と6年生の歴史学習
2.現在の社会につながる価値を見出す
(1)単元構成の計画
(2)展開のポイント
   1 子どもの主体的な判断がなされる
   2 立場に分かれて話し合う
   3 人の気持ちや働きに心を寄せる(情意)
3.教材について 聖武天皇と行基と大仏
4.単元の計画
5.授業の実際
(1)「起」 どうして大仏は作られたの?
(2)「承」 聖武天皇の大仏づくり
   1 校庭に大仏を描こう
   2 聖武天皇のストーリー
(3)「転」 大仏づくりを助けた行基
   1 行基のアナザーストーリー
   2 大仏とは何か? 2人の接点を考える
(4)「結」 今も残る大仏
   1 大仏が後世に残したもの
おわりに

→ [学事出版トップページへ]