小学校学習指導要領対応

「我が国の音楽」の魅力を実感できるワクワク音楽の授業

実践動画視聴QRコード付

津田正之・小川公子 著
B5判 76ページ 定価(本体2,200円+税)
ISBN978-4-7619-2623-6
小学校教師
子どもたちの周りの身近な音は「音楽づくり」の原点。日本の音楽の鑑賞から子どもたちが主体的に「音楽づくり」に取り組むための指導ガイド。
【第1学年 うりごえをたのしもう】

【第2学年 あそびうたをたのしもう】

【第3学年 ぎおん太こで楽しもう】

【第4学年 生活のうたを楽しもう】

【第5学年 演JOY狂言】

【第6学年 越天楽今様に親しもう】

【第6学年 歌舞Kids】

目次

    はじめに
    QRコードで授業実践動画視聴のご案内
    第I部 「我が国の音楽」の授業をつくるために
    [1]我が国の音楽とは?
    1 わらべうたや民謡、日本古謡
    2 和楽器の音楽(箏や和太鼓の音楽など)
    3 祭り囃子
    4 雅楽、今様、歌舞伎、狂言、能、文楽など
    [2]我が国の音楽を学ぶ意味
    [3]我が国の音楽の学習指導をめぐる成果と課題
    (1)「学習指導要領実施状況調査・小学校音楽」の調査結果から
    (2)指導主事連絡協議会音楽部会の報告から
    [4]小学校新学習指導要領の特徴
    (1)資質・能力の明確化
    (2)題材の目標と学習評価
    (3)「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指した授業改善
    [5]我が国の音楽の学習の充実に向けて
    (1)我が国の音楽の特性に合った指導方法の工夫
    (2)地域の指導者や演奏家との連携
    第II部 「我が国の音楽」の魅力を実感できるワクワク音楽の授業実践
    第1学年 題材 うりごえをたのしもう
    (1)題材の目標
    (2)売り声の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)ことばのふしをつくる場面(第3時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第2学年 題材 あそびうたをたのしもう〜ミソラをつかって〜
    (1)題材の目標
    (2)我が国の遊びうたの教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)かくれんぼでみつかった時の気持ちの旋律をつくる場面(第4時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第3学年 題材 ぎおん太こで楽しもう〜2つのリズムを重ねて〜
    (1)題材の目標
    (2)郷土の音楽(小倉祇園太鼓)の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)和太鼓による高音のリズムづくりの場面(第5時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第4学年 題材 生活のうたを楽しもう〜わたしたちの民謡をつくろう〜
    (1)題材の目標
    (2)民謡の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)つくった旋律が民謡風になるように「生活のうた」を仕上げる場面(第4時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第5学年 題材 演JOY狂言〜「呼声」〜
    (1)題材の目標
    (2)狂言の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)「呼声」のよさを実感を伴って感じ取る場面(第2時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第6学年 題材1 越天楽今様に親しもう〜わたしたちの今様をつくろう〜
    (1)題材の目標
    (2)越天楽今様の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)ことばのふしをつくる場面(第4時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第6学年 題材2 歌舞Kid's〜歌舞伎のせりふは音楽だ〜
    (1)題材の目標
    (2)歌舞伎「勧進帳」の教材性
    (3)本題材で扱う学習指導要領の内容
    (4)題材の評価規準
    (5)題材の指導計画
    (6)「昔話歌舞伎」の台詞にふしをつける場面(第4時 学習の様子)
    (7)実践を振り返って
    第III部 「我が国の音楽」の魅力を伝えるために
    ◆インタビュー「我が国の音楽の魅力を伝えるために」 「人にやさしい日本の音楽」二世宗家 春日壽齋
    インタビューにあたって
    日本舞踊家として
    北九州市表現教育アドバイザーとして
    日本の伝統文化の魅力―和の心―
    人にやさしい日本の音楽
    日本の音楽の指導において大事なこと
    和の文化の理解に向けて大切なこと
    ◆授業づくりに役立つワクワク情報
    わらべうた、遊びうた
    民謡
    狂言
    歌舞伎
    今様
    我が国の音楽(基礎的な理解を深める・授業で活用する)
    おわりに

→ [学事出版トップページへ]