教育の島発

高校魅力化&島の仕事図鑑

地域とつくるこれからの高校教育

大崎海星高校魅力化プロジェクト 編著
四六判 184ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2647-2
高校管理職
2020年8月刊
高校もいよいよ地域連携が本格化してきた。広島の大崎上島の高校が注目したのは、島の仕事からキャリアを考える「島の仕事図鑑」だった。

目次

巻頭言…【教育の島】を未来へ/大崎上島町長 高田幸典
解説…学校づくりはたのしんどい/関西国際大学学長補佐・基盤教育機構教授 荒瀬克己
解説…高校生からはじまるチャレンジの連鎖/内閣府地方創生推進事務局参事官補佐 井上貴至
おわりに…地域と学校の本当のつながり/広島県教育委員会教育長 平川理恵
謝辞
■軌跡 大崎海星高校魅力化プロジェクトと島の仕事図鑑の軌跡
■序章 海賊たちを襲った、かつてない荒波
■CHAP.1 校長 リーダーとしての覚悟が、プロジェクトの発動力
■CHAP.2 コーディネーター 地域と学校を繋いだ「接続者」
■CHAP.3 中堅教員 校長の熱意と生徒の言葉が、中堅教員の心を動かした
■CHAP.4 若手教員 島の人々の生き方が、若き新任教員の人生を変えた
■CHAP.5 地元住民 高校は地域に開かれ、住民が高校に目を向け始めた
■CHAP.6 商工会職員 やる「理由」「意義」さえあれば、産業界の協力者を巻き込める
◆仕事図鑑のつくり方
COLUMN
ふるさとに「海のようちえん」を創りたい!/2019年度卒業生
もしあのとき「魅力化」があれば/大崎海星高校同窓会青年部部長 脇坂裕介
「何もない」と思っていた島のことが大好きに/2019年度卒業生
僕の中に起こった最初の「揺れ」/2016年度卒業生
生徒の姿が証明する学校の真価/大正大学地域創生学部教授 浦崎太郎
漁師さんって、ここまでやるのか!/大崎海星高校2年生
インタビューという学び方/東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科長 岡崎エミ
もし将来、島を出ていくとしても/大崎海星高校2年生
人間本来の、本能的な学びへの挑戦がここにある/広島大学大学院人間社会科学研究科准教授 永田忠道
さよなら、臆病だったあの日のわたし/2019年度卒業生
島の明日を照らす道しるべとなれ/大崎上島町商工会長 小川裕壮

→ [学事出版トップページへ]